7月13日O.A.「MUSIC VIDEO」岡崎体育

今朝は、岡崎体育のMUSIC VIDEOです。
お届けしたこのMUSIC VIDEO、歌詞も、映像も斬新です。

岡崎体育さんは、大学卒業後、一度は一般企業へ就職するも音楽への夢を諦められず退職。
2012年に音楽ソロプロジェクト・岡崎体育を開始。
地元のスーパーマーケットでアルバイトをしながら、自主制作でCDをリリースしていたそうです。
2016年にアルバム「BASIN TECHNO」でメジャーデビュー。
全楽曲の作詞・作曲・編曲を1人で手がけた。
「MUSIC VIDEO」のミュージックビデオが、第20回文化庁メディア芸術祭で
「エンターテインメント部門 新人賞」を受賞、注目を集めました。

2017.07.13

7月12日O.A.「SLEEP ALL DAY」JASON MRAZ 

今朝紹介するのは、ジェイソン・ムラーズの「スリープ・オール・デイ」です。

「スリープ・オール・デイ」は2002年に発売されたジェイソン・ムラーズのデビューアルバムである
「ウェイティング・フォー・マイ・ロケット・トゥ・カム」に収録された1曲です。
まさに、世代を越えて伝えたい名曲であり、夏休み中の中西さんに変わって、
今朝番組を担当していただいたラジオパーソナリティのケリー隆介さんの
ターニングポイントになった曲だそうです。

サンディエゴへの留学を決めたきっかけになった曲であり、
ラジオ局へのオーディションテープで選曲していた曲でもあるそう。

何気ない曲にも人ぞれぞれの忘れられない、思い出と当時の心の状態が
刻まれています。

2017.07.13

7月11日O.A.「 I’LL BE MISSING YOU」PUFF DADDY feat. FAITH EVANS & 112 

今朝は、PUFF DADDYフィーチャリング FAITH EVANS &112、「I’LL BE MISSING YOU」です。

90年代にヒップホップ、R&Bで数々のスターとヒット曲を生んだ
Bad Boy Recordsの設立を記念し、人気アーティストが勢揃いしたコンサート
〈Bad Boy Family Reunion〉のドキュメンタリー映画『Can't Stop Won't Stop: A Bad Boy Story』の
デジタル販売がスタートしました。

Bad Boy Recordsは、1993年に、パフ・ダディことショーン・コムズが設立し、
伝説的なラッパー、ノトーリアス・B.I.G.を始め、フェイス・エヴァンス、トータル、
112(ワントゥエルヴ)、メイス、ロックスといった人気アーティストを送りだして
90年代にヒットを連発しました。
      
そして、きょう、お送りした、I’LL BE MISSING YOUは、
1997年に24歳の若さで亡くなった伝説的なラッパー、ノトーリアス・B.I.G.(ビー・アイ・ジー)を
追悼する、楽曲です。
THE POLICEのEVERY BRETH YOU TAKEをサンプリングし、
音楽史に残るビッグヒットとなりました。
4

2017.07.11

7月10日O.A.「Bitter and High」 黒田卓也

毎週、月曜日は、ブレイクするきっかけとなった曲や
デビュー曲にフォーカスしています。
今日、紹介するのは、黒田卓也(くろだ たくや)、「ビター アンド ハイ」です。

兵庫県出身のジャズトランペット奏者、黒田卓也。
12歳からトランペットを始め、16歳でジャズ・クラブでの演奏活動をスタート。
その後渡米し、ニューヨーク・ブルックリンを拠点とし、
2010年にファーストアルバム『ビターアンドハイ』を発表。
2014年、日本人として初めて、名門ブルーノート・レーベルと契約する快挙を成し遂げ、
一躍、話題となりました。
トランペットを武器にニューヨーク・ジャズの最前線で戦い続けるジャズプレイヤーです。


ちなみに、NY在住の日本人ジャズ・ミュージシャンによって結成されたスペシャル・バンド「J Squad」の
メンバーとしてテレビ報道番組の新テーマ曲を手掛けたことでも話題を集めています。

2017.07.11

7月7日O.A.「Revolution 909」 Daft Punk 

今日ご紹介するのは、ダフト・パンクの「レボリューション 909(ナイン・オー・ナイン)」です。
       

この曲は1997年にリリースしたデビューアルバム『ホームワーク』からの1曲で、
このアルバムはフレンチ・エレクトロを世界に広めた歴史的1枚です。
    
そのダフト・パンクがこの曲で使用したドラムマシーンが
フランスのヴィンテージ機材専門ショップ「ヴィンテージ&アナログ・オケージョン」の
オークションサイトに登場し話題となっています。

このドラムマシーンはローランド製のもので、
メンバーのひとりトーマ・バンガルテルのコレクション。
実際に「レボリューション 909」で使用したリズムデータも入っているという代物で、
オークション期間は設定されていなく、「最も高値をつけた人」に売却するとしています。
     
すでに100万円を超える入札があるようですが、まさにコレクターズ・アイテムですね。
気になった方はぜひチェックしてみてください。
     

2017.07.07

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»