9月12日O.A.「BIG TIME SENSUALITY 」BJORK

今朝は、ビョーク、BIG TIME SENSUALITYです。
彼女の1993年リリースのアルバム「デビュー」に収められています。

彼女のニュー・アルバムが11月にリリースされるのではないかと、
『ニューヨーク・タイムズ』紙が報じています。
今年の8月に、彼女のTwitterアカウントに
「私のニュー・アルバムが間もなくリリースされることをみなさんに伝えることができて、
とても嬉しく思います。ぬくもりを込めて、ビョーク」とのアルバムに関する
メッセージが投稿されていましたが、いよいよリリースが具体的になってきました。
リリースされれば、およそ2年ぶりのニューアルバムになります。

先日、ビョークは新作について
「前作、ヴァルニキュラが、とても個人的な喪失がテーマで、
ニュー・アルバムはもっと大きな愛がテーマだと思う。愛を再発見することなんだけれど、
何て言うか、もっとスピリチュアルな意味で」と綴っています。
どんなニューアルバムになるのか、楽しみですね!

2017.09.13

9月11日O.A.「Planet Earth 」 Duran Duran

デビュー曲にフォーカスする、月曜日。!
今日は、「デュラン・デュラン」、「プラネット・アース」です。

イギリスのロックバンド、デュラン・デュラン。
1981年にリリースされたデビュー・アルバムは250万枚以上を売上げ、
なんと118週間連続でチャートにランクイン!
シングル「プラネット・アース」もヒットを記録しました。
それまでは単なるマーケティング・ツールでしかなかったミュージックビデオにも力を入れ、
今のように、音楽業界において欠かせない存在にまでに押し上げたことでも知られるデュラン・デュラン。
1980年代前半のニューロマンティックといわれるムーブメントや
MTVブームの火付け役とも言われ、80〜90年代で、
もっとも成功したグループのひとつに数えられるバンドになりました。

そんなデュラン・デュランですが、来週、9年ぶりの来日公演が開催されます。
今回の日本ツアーは、9月20日 水曜日、東京・日本武道館、
9月22日 金曜日、大阪・オリックス劇場の2公演!
イギリスが誇る、レジェンドのライブ、楽しみですね!
     

2017.09.13

9月8日O.A.「Wall Of Glass 」 Liam Gallagher

今日ご紹介するのは、リアム・ギャラガーの「ウォール・オブ・グラス」です。
OASISのボーカリスト、リアム・ギャラガーの初となるソロ作品です。

イギリスの音楽専門誌『Q(キュー)』が主催するミュージックアワード、
「Q アワーズ 2017」の候補が発表され、リアム・ギャラガーが、「最優秀トラック」
「最優秀ライブ・アクト」「最優秀ソロ・アーティスト」と、
エド・シーランらと並んで最多となる3部門にノミネートされました。
          
リアム・ギャラガーは、OASISの後に組んだ自身のバンドを解散して
ソロ活動を始めたばかりですが、地元マンチェスターで、
アリアナ・グランデが行った自爆テロの被害者のための慈善コンサートに参加するなど、
精力的な行動が評価された結果とも言えますね。
授賞式は10月18日にロンドンのラウンドハウスで行われるということです。
    

2017.09.10

9月7日O.A.「 Persian Love」Holger Czukay

今朝は、ホルガー・シューカイの「ペルシアン・ラブ」です。
1980年リリースのアルバム「Movies」に収録された名曲です。

ドイツのプログレッシヴ・バンド、「CAN(カン)」の結成メンバーにしてベーシストである
ホルガー・シューカイが亡くなったとケルンの新聞が報じています。
報道によれば、ホルガー・シューカイは、かつて「CAN(カン)」がスタジオとして使用していた
ケルン近郊の自宅で亡くなっているところを発見されたということですが、
死因については判明していません。享年79歳でした。
多くの新しいサウンド技法の導入で知られたホルガー・シューカイは、
サンプリングの先駆者であり、手で実際にテープをカットするという多くの時間と労力を
要する方法で、マジカルなサウンドを生み出していました。
また、「カン」の活動とは別に何枚かのソロ・アルバムもリリースしています。
  

2017.09.10

9月5日O.A.「PEG」STEELY DAN 

今朝は、スティーリー・ダン、PEG(ペグ)です。

きのう、午前、スティーリー・ダンを結成した主要メンバー、
ウォルター・ベッカーが亡くなったと言うニュースが入って来ました。67才でした。

スティーリー・ダンは、1972年、ドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーを中心に結成。
当初は、6人組だったのですが、究極の音作りを目指しすぎたため、4人が脱退、
ドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーの2人に、なってしまいます。
その後は、曲のイメージに合ったスタジオミュージシャンを使い、研究室で実験を繰り返す
科学者のようなスタンスで数々のアルバムを制作してゆきました。

そのスティーリー・ダンのメンバーであるドラルド・フェイゲンは、先月初め
雑誌のインタビューの中で、彼の病気について、
「ウォルターは回復しつつあり、すぐに元気になることを願ってる」と話していたのですが
その矢先の訃報でした。ウォルター・ベッカーの、ご冥福をお祈りします。

2017.09.05

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»