12月7日O.A.〜Music Maestro〜「Someday At Christmas」Stevie Wonder & Andra Day

毎月第一週目は「SONG OF LIFE〜Music Maestro〜」。
名曲を支えたひとりの人物をピックアップしています。
今週は、11歳でデビューして以来、50年以上第一線で活躍し続ける巨匠のひとり、
Stevie Wonderの「コラボレーション楽曲」に注目しました。
その曲に込められた想いやストーリーを紐解いていきます。
 
お届けした楽曲は Stevie Wonder & Andra Day「Someday At Christmas」でした。
   
Andra Dayは、Stevie Wonderに見出されたシンガーで、
2015年に、大手コンピューターメーカーのキャンペーンソングとして共演が実現しました。
もともとこの曲は、Stevie Wonder自身が1967年、当時17歳だった頃に
録音したクリスマスソングで、反戦歌とも言える、平和を願ったメッセージソングとなっています。
「いつかのクリスマスには、涙はなくなり、全ての人々が平等で思いやりのある世界を」
10代の頃からこんな歌を歌っていたんですね。
  
今週は、Stevie Wonderの「コラボレーション楽曲」をお届けしていきます。
明日は、世界一有名なチャリティーソングからご紹介します!
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

12月7日(木)OA分の放送はこちら

2017.12.07

«Prev || 1 || Next»