2月6日O.A.「Pump It Up 」 Elvis Costello

毎週、月曜日は、アーティストがスターへ登りつめるキッカケとなった曲や
デビュー曲をご紹介しています。今日、紹介したのは、「エルビス・コステロ」、
「パンプ・イット・アップ」です。

エルビス・コステロはイギリスのミュージシャン。映画やテレビドラマ、CMなどで
楽曲が使用されることも多いので、耳にしたことがある人も多いかと思います。
「アリスン」や「SHE(シー)」、「ヴェロニカ」といったバラード調の楽曲が有名ですが、
デビュー当時はパンクロック調の楽曲が多く、「怒れる若者」とも呼ばれた
エルヴィス・コステロ。この「パンプ・イット・アップ」は1978年にリリースされ全英4位を獲得したセカンドアルバムに収録されたものですが、バラードとは違った、
尖っていながらもポップな魅力が感じられる1曲です。

ジャズやR&B、カントリー・ミュージックなど、ジャンルにとらわれることなく 
幅広い活動をしてきたエルヴィス・コステロ。
ポール・マッカートニーと共作するも未発表となっていた曲 「トゥエンティー・ファイン・フィンガーズ」が先日、YouTubeにて公開され、そのノリノリの歌声が話題となっています。
来月再発されるポール・マッカートニーのアルバム『フラワーズ・イン・ザ・ダート』にも、
さらなる未発表曲が収録されるとのことで、ファンの期待が高まっています!

2017.02.06

«Prev || 1 || Next»