7月25日O.A.「BE MY BABY」THE RONETTES

今朝は、ザ・ロネッツ、「BE MY BABY」をお届けしました。

アメリカのビルボード誌が「最も偉大なガール・グループ・ソング TOP100」を発表しました。
1950年代後半から2017年まで、オール女性ヴォーカル・グループの楽曲を厳選したものです。

そして数ある、ガール・グループ・ソングの中から、栄えある1位に輝いたのが、
ザ・ロネッツ、「BE MY BABY」です。誰もが知っている名曲です。
1960年代に活躍した、3人組ガールズユニット「ザ・ロネッツ」、
もともとはダンサーグループとして、活動し、その後プロデューサーの目にとまりデビュー!
そして、デビュー曲が、「Be My Baby」でした。

ちなみに、第5位、スパイス・ガールズ、「ワナビー」。
1996年のヒット曲ですね、ベッカムの奥さん、ビクトリアを含む、5人組アイドルユニットです。
第4位 シュプリームス、「WHERE DID OUR LOVE GO?」
1963年のヒット曲です。メンバーには、ダイアナ・ロスが所属しています。
この曲は、彼女たちにとって、初の全米ナンバーソングです。
第3位 シュレルズ、「WILL YOU LOVE ME TOMORROW?」
1961年のナンバーです。彼女たちは、シュプリームスとは同年代に活躍し
日本では、シュプリームスの方が圧倒的に人気でしたが、
本国、アメリカでは、シュレルズの方が人気があったと言われています。
この曲は、ベン・E・キング、ビージーズ、シェールなど、数多くのアーティストに
そして、第2位は、TLC、「クリープ」1994年のナンバー。
大ヒットアルバム「CRAZY SEXY COOL」からのシングルです。
先日、ラスト アルバムをリリースし話題になりました。

2017.07.26

7月24日O.A.「Are You Gonna Be My Girl」Jet  

毎週、月曜日は、ブレイクするきっかけとなった曲や
デビュー曲にフォーカスしています。

今日、紹介するのは、ジェット、「アー・ユー・ゴナ・ビー・マイ・ガール」です。
オーストラリア出身のロックバンド、ジェット。
2003年にリリースされたファーストアルバム「ゲット・ボーン」は、
その売り上げが全世界で650万枚を超えるという空前の大ヒットを記録し、一躍トップスターに。
中でも、先行シングルとしてリリースされた「アー・ユー・ゴナ・ビー・マイ・ガール」は、
ipodのCMソングや数々の映画のサウンドトラックにも使用される人気曲となりました。
セカンドアルバム、サードアルバムをリリースしたのち
2012年に解散を発表していたジェットですが、
今年、ブルース・スプリングスティーンのオーストラリア公演のオープニングアクト
として再結成ライヴを行い、復活を果たしました。
初来日は、2003年のフジロックだったジェットですが、今週末に行われる、
フジロック2017 にもやってきます!
2010年以来、およそ7年ぶりの来日に多くのファンからの期待も高まっています!
どんなステージが待っているのか、注目ですね!

2017.07.26

«Prev || 1 || Next»