6月7日O.A.〜Music Maestro〜「Hard to Say I’m Sorry」Chicago

この曲は、1982年の作品で、
シカゴのメンバーであるピーター・セテラと、デビッド・フォスターの共作。
洗練されたサウンドと美しいメロディーは、いま聴いても素晴らしいです。
  
お届けした楽曲は Chicago「Hard to Say I’m Sorry」でした。
 
毎月1週目は「SONG OF LIFE〜Music Maestro〜」。
今週は、カナダが生んだヒットメイカー、名プロデューサー・作曲家、
デビッド・フォスターの作品をご紹介します。
 
プロデュースも担当したデビッド・フォスターは、
この曲にピアノで参加しつつ、AORを代表するテクニカルバンド、
トトのメンバーも呼んでセッション。
それまでホーンセクションを中心としたシカゴのスタイルに
新たな風を吹き込み、バンドとしては7年ぶりとなる全米1位を獲得!
ここ日本でも、洋楽にもかかわらず、オリコンチャートで5週連続の1位に輝いています。
    
いろいろあった恋人同士が、間をおくことでその存在を再認識するという
大人なラブソングで、結婚式のBGMにもよく使用されてきました。
やはり、デビッド・フォスターの書くバラードは、印象的ですね。
     
 
 
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

6月7日(木)OA分の放送はこちら
  •      

2018.06.07

«Prev || 1 || Next»