5月8日O.A.「Get Back」The Beatles

今日の1曲は ザ・ビートルズアルバム「Let It Be」から、「ゲット・バック」。
このアルバムは発売当初イギリスでは8週、アメリカでは4週連続1位を記録するヒットとなりました。

映画のサウンドトラックでもあったアルバム「Let It Be」
リハーサル風景と最後のコンサートを追うドキュメンタリー映画でした。
映画のクライマックスには、有名な、アップル社の屋上でのゲリラ・ライブ、
「ルーフトップ・コンサート」が記録されています。

多くの曲をセッション、レコーディングしましたが、それらはお蔵入りとなったんですが
1年以上経ったあと、ジョンやジョージがプロデューサーに制作を依頼、
アルバム「レット・イット・ビー」は無事完成します。
しかし、リーダー的存在であったポールマッカートニーは、その制作について知らなかったんですよね。
完成品に嫌悪感を抱いたポールは、1970年4月10日、ビートルズ脱退を発表。
事実上ビートルズは解散します。
このアルバム「レット・イット・ビー」、このように複雑な人間関係があった中生まれ、
多くの名曲が入った、名盤となっています。

ポールが脱退を発表したおよそ1か月後、
アルバム「レット・イット・ビー」はリリースされました。
それが5月8日、43年前の今日の事でした。

  •      

2013.05.08

5月7日O.A.「THAT OLD SONG」RAY PARKER JR.

今朝の1曲はあのゴーストバスターズンの主題歌でおなじみ!
レイパーカージュニアです。

1977年にレイディオを結成。後にレイ・パーカーJr.&レイディオとバンド名を変え、
1981年に「ウーマン・ニーズ・ラブ」が全米1位のヒットを記録します。
その後、レイディオを解散しソロとなり、1984年、あの映画「ゴーストバスターズ」の主題歌が
全米1位の大ヒットとなりました。

あのコミカルで切れのいい音楽(!?)とはうらはらで、ご本人はとってももの静かで
礼儀正しい紳士!
ソロ活動だけではなく、同世代のアーティストにも「サポートミュージシャン」
として愛されています。

そのレイ・パーカー・ジュニア、今月、23日、24日にはビルボードライブ東京での来日公演も控えています。大ホールではないより身近にふれあうことの出来る場所で、その人柄に触れてみては
いかがでしょう。

  •      

2013.05.07

5月6日O.A.「Jump」Kris Kross 

今朝の1曲は、1992年のヒット曲!
クリスクロス、「ジャンプ」です。

クリスクロスは、クリス“マック・ダディ”ケリーと
クリス“ダディ・マック”スミスの少年によるラッパー2人組で、
マライア・キャリー、アッシャーなどを手がける
人気プロデューサーのジャーメイン・デュプリによって、デビューを果たしました。

昨日、東京ドームで行われたのが長嶋茂雄さん、松井秀喜さんの国民栄誉賞の受賞式。
この松井秀喜さんが春夏の甲子園をわかしたのがこの1992年です。
翌1993年、読売ジャイアンツに入団、その後の2人の師弟関係や松井さんの
海を越えての活躍はまさに日本人だけではなく、NYなどのメジャーリーグファン、
関係者に感動を与えましたが、同時に昨日は新たな松井秀喜さんの
再スタートの日となりました。

松井さん、今度はどんな道を歩み、どんな感動を私たちに届けてくれるのか。
今から楽しみですね。



  •      

2013.05.06

5月3日O.A.「Everybody Wants To Rule The World」Tears For Fears 

今朝の曲は、ティアーズ・フォー・フィアーズ、1984年の作品、
「エヴリバディ・ウォンツ・トゥ・ルール・ザ・ワールド」。

さてまさに新緑と風薫る5月、、「ノエビア Song of Life」では、
今月もリクエストとメッセージを募集しますが、テーマは、この季節に
こんなテーマを選んでみました、「ドライブ」。

お気に入りのドライブコースや、思い出のドライブなど、あなたの「ドライブ」にまつわるエピソードを、
思い出の歌や、お気に入りのドライブソングと共にお寄せ下さい。

アクセスは、クロノス・トップページから、「ノエビア Song of Life」のページへ。
メッセージが採用された方には、ランニングやスポーツ時におススメの、
オーディオテクニカ・インナーイヤーヘッドホン、「ATH- CKP330」をプレゼントさせて頂きます。

さて、この曲「エヴリバディ・ウォンツ・トゥ・ルール・ザ・ワールド」は番組が
一押しで選んだドライブソング!!
1980年代に、イギリスを中心に活躍したティアーズ・フォー・フィアーズの最大のヒットアルバム、
「シャウト」からのセカンドシングルで、彼らの人気を不動のものにした作品です。

とくに風薫る5月、今ごろの季節にピッタリなんですよね。
特にあのイントロが・・・。新緑ドライブのBGMとかにはぴったりの一曲。
あなたはこのゴールデンウィークのどこに出かけますか?


  •      

2013.05.03

5月2日O.A.「やさしさに包まれたなら(Single Version)」 荒井 由実

今朝は、1974年のヒット曲から、荒井由実、、、「やさしさに包まれたなら」。

旧姓荒井由実さん、そう現松任谷由実さんは、先日、紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受賞されました。
この紫綬褒章は、学術、芸術、スポーツなどの分野で功労があった人に贈られる褒賞のひとつです。
この受章を受けて松任谷由実さんは、「歌を作り、表現するという道の長い旅路の途中で、思いがけず、 『ここまでよく頑張りましたね』と声をかけて頂いたような気持ちです」と喜びのメッセージを発表しています。

デビュー40周年を経て、芸術文化の功績が讃えられました。
とにかくご本人もおっしゃっていますが、まだ旅路の途中・・・
これからも音楽史に残る名曲を書き続けてくれることでしょうね!
    
  •      

2013.05.02

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 266 | 267 | 268 |...| 322 | 323 | 324 || Next»