6月4日O.A.〜Music Maestro〜「After The Love Has Gone」Earth, Wind & Fire

この曲を作ったデビッド・フォスターは、アース・ウィンド&ファイアーをはじめ、
セリーヌ・ディオン、マイケル・ジャクソン、マドンナ、
ホイットニー・ヒューストン、チャカ・カーンなど大物アーティストの
プロデュースをはじめ、ザ・コアーズ、マイケル・ブーブレなどの才能を見出したヒットメイカーのひとりです。
 
お届けした楽曲は Earth, Wind & Fire「After The Love Has Gone」でした。
   
毎月1週目は「SONG OF LIFE〜Music Maestro〜」。
今週は、カナダが生んだヒットメイカー、名プロデューサー・作曲家、
デビッド・フォスターの作品をご紹介します。
    
デビッド・フォスターの出世作となったのが、
1979年にリリース、ジェイ・グレイドン、ビル・チャンプリンと共作した
この「アフター・ザ・ラブ・ハズ・ゴーン」。
全米チャートで2位を獲得し、自身初のグラミー賞も受賞しました。
 
「失われた愛を 取り戻すことはできるのだろうか」と歌う切ない歌詞に、
印象的でいつまでも残るメロディー、
そしてそれを引き立てるアース・ウィンド&ファイアーの演奏は、いま聴いても素晴らしいです。
  

 
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

6月4日(月)OA分の放送はこちら
  •      

2018.06.04

6月1日O.A.〜サッカー・ワールドカップ with Music〜「タマシイレボリューション」Superfly

この曲は、NHKの2010年度のサッカーテーマソング。
2010 FIFA ワールドカップの時はもちろん、Jリーグや、アジアカップの時にも
テーマ曲として使用され、おなじみの1曲となりました。
  
今週はスポーツにまつわる音楽を特集。
「SONG OF LIFE〜サッカー・ワールドカップ with Music〜」。
6月14日に開幕する「2018 FIFA ワールドカップ」を音楽で盛り上げるべく、
お馴染みのサッカー関連ソングをセレクト!
 
この曲は、Supwerflyの越智志帆さんが、
作詞・作曲の両方を手掛けた1曲で、単独で作詞も作曲もしているのは
非常に珍しく、貴重な1曲といえます。
 
もともとはミデアム・バラードな曲調にしようと思っていたそうですが、
「もし、負けた時でも悲しい気持ちにならないように」という願いをこめて、
ロックチューンにしたとか。
 
道は他人が作ってくれるものではなく、自分で切り開くもの!
という彼女の強い気持ちがこもった応援歌です!
まさに「魂」のこもった1曲ですね。日本代表、がんばれ!
  
  
 
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

6月1日(金)OA分の放送はこちら
  •      

2018.06.01

5月31日O.A.〜サッカー・ワールドカップ with Music〜「Victory」EXILE

この曲は、2010年に南アフリカで開催された
2010 FIFA ワールドカップで戦うサムライブルー、
日本代表への思いを綴った1曲で、
日本サッカー協会公認の日本代表応援ソングでした。
  
毎月5週目はスポーツにまつわる音楽を特集します。
今週は「SONG OF LIFE〜サッカー・ワールドカップ with Music〜」。
6月14日に開幕する「2018 FIFA ワールドカップ」を音楽で盛り上げるべく、
お馴染みのサッカー関連ソングをセレクト!
 
南アフリカを意識して、アフリカの大地を彷彿とさせるような雄大なサウンドに、
サッカーらしいラテンのリズム、そしてブブゼラのような印象的な音も加わって、
まさにEXILEらしい1曲といえますね。
 
当時、不動の日本代表メンバーだった遠藤保仁選手は、この曲が一番好きで、
いつも試合前などモチベーションを上げる時に聞いて、試合に挑んでいたそうです!
 
2010年のワールドカップ決勝は、スペイン対オランダで、
いま話題のスペイン代表・イニエスタ選手が決勝点をあげ、優勝しましたね!
得点王は、ドイツのミュラー選手でした!
イニエスタ選手も、ミュラー選手も、今回のロシア大会での活躍が
期待されますね!
 
  
 
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

5月31日(木)OA分の放送はこちら
  •      

2018.05.31

5月30日O.A.〜サッカー・ワールドカップ with Music〜「WE ARE」ONE OK ROCK

この曲は、2017年のNHKサッカーテーマになった1曲で、
国内はもちろん、日本代表やヨーロッパを中心としたサッカー中継や
関連番組のテーマ音楽として使用されてきました。
  
毎月5週目はスポーツにまつわる音楽を特集します。
今週は「SONG OF LIFE〜サッカー・ワールドカップ with Music〜」。
6月14日に開幕する「2018 FIFA ワールドカップ」を音楽で盛り上げるべく、
お馴染みのサッカー関連ソングをセレクト!
 
ワンオクロックのヴォーカル、TAKAさんは、
「僕自身サッカー少年だったので、こういった形で携われることができて
光栄ですし、この曲で日本代表をしっかり応援できたらと思っています。
皆さんでしっかりと日本代表をサポートしていきましょう。頑張れ日本!」とコメント。

TAKAさんは小学校6年間と中学の1学期まで地元のサッカーチームに在籍する
サッカー少年だったんですね!
日本代表の槙野選手とも交流があり、浦和レッズの試合を観に行ったり、
インスタグラムで写真もアップされています!
    
「強く立ち上がって言おう。おそれてなんかいない、おそれるはずがない・・・」
と歌う力強い応援歌。
サッカー日本代表は今夜、親善試合でガーナと対戦します!
 
  
 
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

5月30日(水)OA分の放送はこちら
  •      

2018.05.30

5月29日O.A.〜サッカー・ワールドカップ with Music〜「NIPPON」椎名林檎

この曲は、2014年、FIFA ワールドカップ2014の時に、
NHKのサッカーテーマソングとして制作されました。
椎名林檎さんは、東京事変の時に『スポーツ』というアルバムをリリースしたり、
オリンピックの演出を手掛けたりと、スポーツと音楽の橋渡し的存在としても
活躍しています。
  

5月29日O.A.〜サッカー・ワールドカップ with Music〜「NIPPON」椎名林檎


毎月5週目はスポーツにまつわる音楽を特集します。
今週は「SONG OF LIFE〜サッカー・ワールドカップ with Music〜」。
6月14日に開幕する「2018 FIFA ワールドカップ」を音楽で盛り上げるべく、
お馴染みのサッカー関連ソングをセレクト!
 
この曲は、椎名林檎さんの「絶対勝ちに行こう、そしてそれを楽しもう」という
メッセージが込められた1曲で、サッカーはもちろん、それぞれの人生において、
訪れるであろう様々なことにも勝ちに行くという強い気持ちを歌っています。
    
そんな椎名林檎さんは、先日、27日でデビュー20周年を迎え、
トリビュート・アルバムのリリースやライブ映像の配信など、
スペシャル企画が盛りだくさんです。
この「NIPPON」も再び注目を浴びることは間違いないですね!
 
  
 
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

5月29日(火)OA分の放送はこちら
  •      

2018.05.29

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 322 | 323 | 324 || Next»