松下奈緒が毎週、色んなテーマ―や切り口でオールディーズから最新ヒット曲まで気になる曲やFavorite Songをお届け。さらにゲストをお迎えし、ハートを動かしたあの時代の大切な一曲とそのエピソードをうかがっています。

< TODAY ‘S SONG LIST >

M1 未来へ/Kiroro
未来へ/Kiroro

M2 Chu Chu/西内まりや
Chu Chu/西内まりや

M3 Born This Way/Lady Gaga
“Born

「Time & Scene」

ゲストの方から、ハートを動かしたあの時代の大切な一曲と、
そのエピソードをご紹介するコーナー。


今週は西内まりやさんにサウンドストーリーをうかがいました。

西内まりやさんが選んだ1曲はKiroroの「未来へ」です。

【西内まりやさんのサウンドストーリー】

西内まりやさんがこの曲に出会ったのは、小学生の頃。
当時、バドミントン選手になりたいという夢を持っていた西内さんは、
”本当に選手になれるのか?”という不安の中、この曲に励まされたそうなんです。

当時、お母様と2人でカラオケに行き、この曲をいつも歌っていたんだとか。
歌詞の中にある「未来に向かって、ゆっくりと歩いていこう」という言葉に安心をしたそうです。

「夢が変わっても、この曲を聴くことで初心の気持ちを思い出すし、向上心が芽生えます。
福岡から上京して、不安の中で聴いたとき、背中を押された曲でもあります。
今聴いても、いろんなことを考えさせられる曲ですね」


【From 奈緒】

「私もよく聴いていました!背中を押してほしい時には、すごく頼った曲ですね。
『ほら、足元を見てごらん、これが私の歩く道』何回、自分の足元を見たか!(笑)
それくらい、歌詞の内容に救われたというか…こんなにも優しく語りかけてくれるんだという事を、思い出しました」


◯西内まりやのニューシングル「Chu Chu」は5月22日リリースです。

ホームページ:「西内まりや OFFICIAL WEBSITE」


「PIECE of TIME」
"時"に想いを馳せながら、人の手から生まれた様々な作品や出来事をご紹介していきます。


新緑が気持ちいい季節。
外にでて音楽がききたい!そんな気持ちにさせてくれます。
早くも、“夏フェス待ち”の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

日本のフェスといえば、サマソニ、フジロック、ロックインジャパンが
三大フェスと言われていますが…
今週は、個性が際立つ「世界のおもしろ野外フェス」をご紹介しました。

【温泉と音楽の融合!「加賀温泉郷フェス」】
加賀温泉郷でクオリティの高い音楽を楽しみながら温泉につかったり、温泉街を散策したり、
地元の美味しいものを食べたりできて、最高の癒しを味わうことができます。
2016年7月23日開催。出演:Taku Takahashi(m-flo)、TOKYO No.1 SOUL SET、 土岐麻子、野宮真貴 他


「温泉と音楽の融合って、聞いたことないですよね。この2つが一緒になってくれるのは、私としてはすごく嬉しいですね」

【世界一の規模を誇るモンスター・フェス!
ダンスミュージックの祭典「Tomorrowland」】
毎年7月に、ベルギーで開催されていて、とにかくセットが壮大でディズニーランドをそのまま持ってきたようなステージに観客が18万人!
その18万ものチケットが発売開始1秒でソールドアウトという、もはや幻のような存在になりつつあります。
「Tomorrowland」を手掛けているID&Tという制作会社が仕掛けた、世界一美しいといわれるオランダ発の音楽フェスティバル、「Sensation」。
アーティストの衣装や会場の空間演出に至るまで、徹底的に白一色で統一され、観客のドレスコードも白!通称「真っ白フェス」。
世界33ヵ国で成功を収め世界的なムーブメントとなっています。


「日本では去年開催されましたけど、わたし、映画で見ましたけど本当に真っ白!
会場にいるだけでワクワクしますよね、18万人という人数にも圧倒されそうですけど、18万人が一気に楽しめるっていうのも魅力的だと思います」

【先進国社会の価値観を覆す、命がけのフェスティバル「バー二ングマン」】
アメリカのネバダ州にある砂漠で開催される巨大フェスで、電気、上下水道、ガスといったインフラは全くなく、お金も使えないので、水や食糧など生きるために必要なもの全てを、自分で準備するか物々交換して手に入れます。
参加者はそれぞれ自由にアートを表現し、100以上もの音楽ブースや不思議な建築物が作られ、パーティやパフォーマンスが繰り広げられます。
最終日は、バーニング・マンと呼ばれる巨大な人形のオブジェに火を放ち、発生したゴミは一切残さず持ち帰ります。


「これに行くとなると、相当な覚悟が必要そうですよね。
お水とか食べ物、フェスというと、そういう楽しみもあるじゃないですか?
それが一切無いとなると、どうしたらいいの(笑)。
なんと、2012年から日本でも開催されているそうなんです、去年は栃木県で4日間に渡って行われました。
これを4日間もやるの?すごい!ハングリーですね(笑)」


●番組ではあなたの時を越えて今も心に響き続ける大切な一曲のリクエストとそのエピソード、“時”をキーワードにした音楽など、みなさんおすすめの作品を募集しています。番組へのご感想、松下奈緒さんへのメッセージ、ご質問などもお待ちしています。
  • mixiでシェアする
| Next»

Personality:松下奈緒