松下奈緒が毎週、色んなテーマ―や切り口でオールディーズから最新ヒット曲まで気になる曲やFavorite Songをお届け。さらにゲストをお迎えし、ハートを動かしたあの時代の大切な一曲とそのエピソードをうかがっています。

< TODAY ‘S SONG LIST >

M1 硝子の少年/KinKi Kids
硝子の少年/KinKi Kids


「Time & Scene」

ゲストの方から、ハートを動かしたあの時代の大切な一曲と、
そのエピソードをご紹介するコーナー。


今週は、特別ドラマ企画「天才バカボン2」で、再びバカボンのママを演じる事になった奈緒さん。
そして、バカボン役はおかずクラブのオカリナさんです!

ドラマ共演のご縁もあり、今週はおかずクラブのオカリナさんをゲストにお迎えしました!
そしてオカリナさんには、”これでいいのだ!”をキーワードに、曲を選んでいただきました。
オカリナさんが選んだ1曲はKinKi Kidsの「硝子の少年」です。


【オカリナさんのサウンドストーリー】

オカリナ:初めて買ってもらったCDがこのCDなんです。
私たちが小さい頃って、KinKi Kidsさんがジャニーズの中で全盛期で、ドラマも全部出てらして、
その頃を思い出すというか…童心に帰って元気になれる曲、”これでいいのだ!”と思ってた頃に戻れるというか。
懐かしいというのが強くて、例えば監督に怒られて”上手くいかないな”と思っている嫌な気分のとき、懐かしい曲が流れると元気になるんですよね。


松下奈緒 × おかずクラブ・オカリナ


松下:実は同じ学年なんですよね。正直、私の方がちょっと上かな?と思ったんですけど、よくよく聞くとオカリナさんの方が上だったっていう。

オカリナ:そうなんですよね。私もなんだかんだちょっと下なんじゃないかと思ったら、同学年か、ママか……って(笑)。

松下:なかなか同世代で親子をやらせてもらうことはなかったですし、意外といけてますよね(笑)。

オカリナ:今のところ違和感ないですよね(笑)。

松下:同世代ということを忘れるかのような、和気あいあいと親子役をやらせていただいてますけど。オカリナさん、前回の「天才バカボン」がドラマ出演は初めてかと思いきや違うんですよね。

オカリナ:相方のゆいPが出てる主演のドラマに、友情出演みたいな感じで出させていただいたのが初めてですね。

松下:今回で3回目ですけど、バカボンってどうでした?
30代で、女性が男の子を演じるのは?

オカリナ:最初の頃は選んでいただいてるし、見えるからいいんだろうと思っていたんですけど。
今回の撮影って、「女に見える」ってめっちゃ言われて(笑)。撮影中に監督に呼ばれて「おまえ、女に見えるんだけど」って言われたんですよ(笑)。

松下:前回は言われなくて、何があったんですかね(笑)。

オカリナ:何もないんですけど、そう言ってくるから分からないんですよ。

松下:監督はけっこうオカリナさんに厳しかったですよね。

オカリナ:近くまで現れて、”ビクッ!”としながらやってました(笑)。

松下:上田さんと、パパとバカボンのシーンはいっぱいあったと思いますけど、上田さんと2回目共演されてどうでしたか?

オカリナ:上田さんって、私が監督に叱られている時もそうだけど、私をいじって上手いこと現場を明るくしてくれるじゃないですか。
私が怒られていると、若干変な雰囲気になった時あるじゃないですか。そういう時に上田さんが私を叩いたりすることによって現場が変わったりするみたいな感じで、上田さんが引っ張って演技をやってくださるので、すごくやりやすいです。

松下:私も感じますね。ちょっとシーン…となったり、夜中になってくると、だんだんテンションが落ちつつ…そこで上田さんが笑いで包んでくれるんですよね。

オカリナ:先輩って感じですよね、そういう雰囲気を笑いに持っていくってすごいなと思いましたね。

松下:そういう空気感って、普段のドラマの撮影ではない空気感っていうのはありましたね。


同年代女子トーク


松下:現場で女子トークというか、”これにハマってる”とか恋愛観とか、ママとバカボンの格好になってしまうとできないじゃないですか。
オカリナさんは、”これ女子っぽいな”っていう事はありますか?

オカリナ:バレンタインデーに好きな人には作れないんですけど、親には作って送るっていう(笑)。
恋愛に関して恥ずかしいんですよ。

松下:恋愛は待ってるタイプですか?

オカリナ:待っているというか、潜んでいるタイプです(笑)。好きだということも悟られたくないと思っているので。

松下:好きだと言ったことはありますか?

オカリナ:ないですよ〜!

松下:どういう人がタイプなんですか?

オカリナ:私、普通にかっこいい人が好きなんですよ。でも、何の免疫もないので、正直、誰でも好きになれる要素はあるんです(笑)。
ただ、「理想は?」と言われたら、「かっこいい人」と言ってるだけであって。

松下:じゃあ、キュンとくる男性の仕草とかは、潜んでるからよく見てるでしょ?(笑)

オカリナ:ベタですけど、頭をポンポンとか…(笑)。
”やばいやばい!好きになる気を付けよう”って(笑)。

松下:そういう話、現場でもっとしたかったですね(笑)。


◯特別ドラマ企画「天才バカボン2」は2017年1月6日(金)夜9時から放送です。

ホームページ:『特別ドラマ企画「天才バカボン2」 OFFICIAL WEBSITE』


●番組ではあなたの時を越えて今も心に響き続ける大切な一曲のリクエストとそのエピソード、“時”をキーワードにした音楽など、みなさんおすすめの作品を募集しています。番組へのご感想、松下奈緒さんへのメッセージ、ご質問などもお待ちしています。
  • mixiでシェアする

Personality:松下奈緒