DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

番組スタッフ
若い世代だけでなく、中高年にまで広がり、全国に70万人以上いるとされる、“ひきこもり”。
このひきこもりの実態について言及した、あるコラムがネット上で注目を集めています。

あるコラムとは、不登校やひきこもりの経験者をサポートする企業「CARPE・FIDEM」がHPに掲載している『引きこもり関連コラム』。
このコラムについて、「30代以上の当事者(ひきこもり)に対する内容が厳し過ぎる」として、1月30日ごろから「CARPE・FIDEM」に改編を求める問い合わせが多数、届いているようです。

たとえば、Q&A方式のコラム「不登校・引きこもり相談問答集7」。
ここには、不登校やひきこもりの子供を持つ親からの質問とそれに対する回答が掲載されているのですが、なかでもとくに厳しさを感じさせるのが「詰む」という独特の表現を使った以下のQ&A。
=====
Q16:「詰む」の基準ってありますか?
A16:大体、何もしないまま30歳を過ぎると、まともな仕事の受け入れ先が消滅するので、9割方詰みます。20代の間にどれだけ行動したかで、大体が決まります。

Q19:子供が40歳等の中年になるまで、何もせず引きこもっていた場合、どうなるのですか?
A19:どうにもなりません。

Q20:どうにもならないとは?
A20:そのままの意味で、「社会に出るルートが完全に閉ざされる」ということです。残念ですが、各家庭の優劣が表面化しただけのことです。

=====

また、別のコラムには、高校中退で職歴無し、30歳過ぎの男性を想定して書かれた、「あなたには何の能力もなく、社会全体から無駄飯食いのお荷物と見られています」といった記述も見受けられました。

これらの回答、一見、厳しく突き放しているだけのように見えますが、本当にそうなのでしょうか。
「CARPE・FIDEM」のHPやブログを隅々まで読んでいくと、これらの回答に込められた想いが浮かび上がってきました。

まずは、「詰む」という独特の表現について。これは「自分の力で生存することが事実上不可能」という状態で、以下のいずれかに該当する場合を指すようです。

●家族にも経済的余裕が無いのに、全く部屋から出られない
●外には出られるが、仕事に就けるだけの社会性がない
●仮に仕事に就けても、十分な所得を得るだけの継続が出来ない


そして、この表現をあえて使った理由については、「一般認識としては間違いなく不適切でしょうが、当事者やその関係者に実情をきちんと伝えるには、寧ろこの方が伝わりやすいと判断しております」と説明しています。

また、「CARPE・FIDEM」のブログに掲載されている「コラムへのお問い合わせについて」という記事には、厳しい回答に込められた想いが綴られています。
=====
これ(改編を求める問い合わせがあったコラム)については、執筆関係者全員の考えとして改編しない形で一致しております。理由は単純で、「実情から大きく外れた虚偽を言っているわけではないため」「これで方向性を切り替え、社会の中で楽しく生活出来る人達が少なからずいるため」の二つです。
この実情を見て、「ああ、やっぱり急がないとマズイんだな……」「なら、20代のうちに出来ることは何だろう?」「学校は行っていなくても、必要十分な勉強はしておこう」のように、前向きに行動してくれる人達がこれまでも大勢いました。このような話が続く限り、このコラムを撤回するのは間違いかと思います。

=====

厳しい回答に込められた想いを読んで、わたしは妙に腑に落ちたのですが、それにはわたしの周囲のとある事情が関係しているのかもしれません。
とある事情というのは、わたしに、長期間、ひきこもりを続けている、30代前半の知人A(男)がいること。

知人といっても、関わりがあったのは、もう20年ぐらい前の小学生のころ。
小学校を卒業してからは、一切、関わりがないのですが、母親同士の親交が今も続いているため、母親経由でAがひきこもり続けているという現状を知ることができています。

母親によると、Aは、高校の途中から登校拒否になり、以来、15年以上、ひきこもりを続けていて、そこから脱却する気配は一切ないといいます。
その大きな原因は、Aの母親。ひきこもりを容認し続け、自分が死んだ後も、生活保護を受ければいいと、Aに言い聞かせているようなのです。
こうしたAの15年を知っているだけに、わたしは、『30歳以上のひきこもりは「詰む」』という厳しい言葉の重要さがすんなり理解できたような気がします。

誰だって、わが子はかわいい。それゆえに厳しい現実を知らせたくない。でも、厳しい現実を知らさなければ、状況は変わらない。
こうしたジレンマを抱える母親たちに代わって、その役割を果たす、「CARPE・FIDEM」のような存在が、今後ますます重要となってくるのかもしれません。

(スタッフ:H)
(2013/2/5 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ