DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

木曜日
▼2012年の空気検索:伊藤 洋一さん
▼特集ゲスト:作家/東京都都知事・石原 慎太郎さん
(2011/12/31 UPDATE)
木曜日
新年は1/2(月)からの放送です。
一年間、番組におつきあいいただきありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
皆様にとって実りある一年でありますよう。
(2011/12/24 UPDATE)
木曜日
東日本大震災で連呼された絆という言葉。“大安売り”とも言える連発に、疑問を感じた人もいるのではないでしょうか?
おそらく震災がなかったとしても、前年の無縁社会が話題になったことで、絆のあり方を考えなければならない一年になったはず。

絆といえば、マンガ「ワンピース」。出版不況の中、一人勝ちしている作品ですが、震災以降、ワンピースを読まなくなった、オモシロイと感じなくなったという人も。
その理由として、震災でのあえて口に出す「絆」、「仲間」という言葉が、希薄に感じられるため、嫌悪感を抱きはじめた…のだといいます。

関西大学の安田雪教授は、無縁社会と言われる今、仲間同士の絆を強く描いたワンピースに“失われた人間関係”を求めて大人たちは読んでいると分析。

結局、私たちはつながりたいのか、つながりたくないのか。
2011年のキーワード、「きずな」の本当の意味を考えます。
(2011/12/19 UPDATE)
木曜日
2011年、そして今もなお「政治不信」は大きく広がっています。
そんな中、次世代の政治家養成をめざす日本政策学校が催したシンポジウムにおいて、哲学者の東浩紀氏が「民主主義の新たな政治モデル」として斬新なアイデアを披露。
東氏いわく、ネット時代の新たな民主主義の姿をいろいろ検討した結果、動画配信サービス『ニコ生』が新しい政治モデルなんだそうです。
『ニコ生』がなぜ、民主主義の新たな政治モデルなのか、東浩紀氏をゲストに迎えてお話しを伺います。
(2011/12/12 UPDATE)
木曜日
「終活」とは「最期」の時に向けて、葬儀やお墓の準備を始めること。10月にこの世を去ったスティーブ・ジョブズは「明日、死ぬと思って生きなさい」という言葉を残しました。
東日本大震災を機に「明日死ぬとしたら…」、こんなことを考えはじめた人も多いのではないでしょうか?明日死ぬとしたら、私たちはどんな心構えをすればいいのでしょうか?
末期がんの父を娘が撮り続けたドキュメンタリー映画「エンディングノート」を通して、「終活」が必要かどうかを考えます。
(2011/12/5 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ