DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

月曜日
食品中の放射性物質の基準が4月から新しくなります。
現在の暫定規制値で許容している食品からの内部被ばく線量を、
「最大5ミリシーベルト/年」 から 「1ミリシーベルト/年」 に
引き下げることに伴う強化ということですが、
基準値を厳しくすることで、「消費者のより一層の安全・安心を」と厚労省は
説明していますが、実は流通する食品が安全になるとは限らず、
弊害が懸念されています。
生産現場や検査体制を混乱させかねない新基準値。
さらなる不安を煽る事態が懸念されている中、新基準値がもたらす弊害を考えます。
お相手は神保哲生さんです。
(2012/3/26 UPDATE)
月曜日
東日本大震災で被災した仙台市の推計人口が増え続け、
昨年11月に市制施行後初めて105万人を突破。
復興事業を見込む企業の流入も目立ち、繁華街もにぎわいを取り戻し、
地元経済界では「復興バブル」との見方も広がっています。
バブルという言葉だけに、どこか危うさをはらんでいるのは確か。
震災から一年経ち、「復興バブル」が復興の妨げとなるジレンマが生じはじめているようです。
「復興バブル」の実態と弊害に迫ります。
(2012/3/19 UPDATE)
月曜日
移動車に測定器を付け生活空間放射線量を測定した京都大学・谷垣実氏には、
「放射線測定」の不都合な真実を、50年間、原子力工学に携わってきた
立命館大学名誉教授の安斎育郎氏には
「空気汚染」に関する不都合な真実について語って頂きます。
(2012/3/12 UPDATE)
月曜日
間もなく、東日本大震災から一年が経過します。
タイムラインでは、今週から2週にわたって、
「原発・放射能に関する16の不都合な真実」と題して、
スペシャル企画をお届けします。
2011年3月11日、東京電力・福島第一原発事故。
この事故をキッカケに、政治家や原子力専門家、被災者など
日本中が「原発」について考えはじめました。
政府や東電の発表する情報は、不確かで有効的なものではないため、
専門家を始め国民の「思考」は未だ行き詰まっています。
汚染されゆく日本の土壌、日本のエネルギーの未来、健康問題…。
国民の思考を阻む山積した問題の数々に、私たちは今後、
どう向き合えばいいのでしょうか。
2週間を通して16人の原発・放射能の有識者にご出演いただき、
日本が抱えてしまった「不都合な真実」に迫ります。

今日、お話をうかがうのは、福島第一原発建屋内に潜入し、
ルポを公表したジャーナリスト、今西憲之氏と
「医療の放射線安全教育を考える」自治医科大学RIセンター放射線管理、菊池透氏です。
(2012/3/5 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ