DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

月曜日
首都圏連続不審死事件で、死刑判決を言い渡された木嶋佳苗被告。
100日に及んだ法廷には、木嶋被告を一目見ようとする女性たちが傍聴に訪れていました。
その現象は週刊誌に“カナエギャル”という造語が登場するほど。
裁判を傍聴した香山リカ氏は
「木嶋被告にとって男性は金づるでしかなく、愛されようとも結婚しようとも思っていない。
そのある種の“強さ”が他者からの承認を求めて不安で揺らぐ女性を惹きつけるのかも」
と語っています。
女性たちはなぜ、木嶋裁判に惹きつけられるのか? 心理学的に分析します。
(2012/4/30 UPDATE)
月曜日
先日、チェルノブイリを訪れて取材されたという神保哲生さんに、チェルノブイリの原発問題の今、放射能汚染の現状、そこから日本が学ぶべきこと、原発の未来についてお話しして頂きます。
(2012/4/23 UPDATE)
月曜日
3年前、国民の過半数が「変化」を求め、熱狂の渦のなかで「政権交代」が実現し、
民主党が日本の舵取りを始めましたが、一向に良くなる気配はありません。
この状況を招いたのは、民主党、政治家たちのせいではなく、熱狂に浮かされ、
革命・変化の言葉を連呼する民主党に1票を入れた、
国民の過半数にもなる「私たち」ではないでしょうか…?
こうした私たちを括る概念として「B層」という言葉があるそうです。
「B層」とは、小泉郵政選挙の際に政府が某広告代理店に依頼した、
国民の過半数を占める「階級層」の実態調査により定義づけられた言葉で、
ひとことで言うと「マスメディアに躍らされやすい知的弱者」。
今週のタイムラインでは1週間にわたって、
日本人の大多数が属するであろう「B層」からの脱却を特集します。

政局の中心になりつつある橋下徹大阪市長。
しかし、この橋下市長を「B層政治家」と評する人物がいます。
哲学者の適菜収氏は
「橋下徹大阪市長は天性のデマゴーグ(デマを用いる政治家、民衆扇動家)。
テレビ的な反射神経に優れ、B層の感情を動かす手法をよく知っている。
お調子者で個別の政策には疎いので、革命勢力にとっては一番利用しやすいタイプ」と語っています。哲学者の適菜収氏をスタジオにお招きして、
「B層政治家」といわれる存在は日本をダメにするのか考えます。

お相手は星浩さんです。
(2012/4/16 UPDATE)
月曜日
3年前、国民の過半数が「変化」を求め、熱狂の渦のなかで「政権交代」が実現し、
民主党が日本の舵取りを始めましたが、一向に良くなる気配はありません。
この状況を招いたのは、民主党、政治家たちのせいではなく、熱狂に浮かされ、
革命・変化の言葉を連呼する民主党に1票を入れた、
国民の過半数にもなる「私たち」ではないでしょうか…?
こうした私たちを括る概念として「B層」という言葉があるそうです。
「B層」とは、小泉郵政選挙の際に政府が某広告代理店に依頼した、
国民の過半数を占める「階級層」の実態調査により定義づけられた言葉で、
ひとことで言うと「マスメディアに躍らされやすい知的弱者」。
今週のタイムラインでは1週間にわたって、
日本人の大多数が属するであろう「B層」からの脱却を特集します。

政局の中心になりつつある橋下徹大阪市長。
しかし、この橋下市長を「B層政治家」と評する人物がいます。
哲学者の適菜収氏は
「橋下徹大阪市長は天性のデマゴーグ(デマを用いる政治家、民衆扇動家)。
テレビ的な反射神経に優れ、B層の感情を動かす手法をよく知っている。
お調子者で個別の政策には疎いので、革命勢力にとっては一番利用しやすいタイプ」と語っています。哲学者の適菜収氏をスタジオにお招きして、
「B層政治家」といわれる存在は日本をダメにするのか考えます。

お相手は星浩さんです。
(2012/4/16 UPDATE)
月曜日
原発再稼働に懐疑的な目も向けられる中で、では再稼働しなければ夏の電力供給は
どうなるのか、火力発電に戻ってしまうと原油高の問題もあります。
こうした中で再び注目を集めているのが、「地熱発電」です。
政府は地熱や太陽光、風力など再生可能エネルギーによる発電普及に向けて
103項目の規制・制度改革を決定しました。
エネルギーの安定供給の観点から地熱を考察します。
(2012/4/9 UPDATE)
月曜日
戦後日本の思想界に大きな影響を与えた評論家・吉本隆明さんが亡くなりました。
大衆に寄り添って論評するという姿勢は時代を超え、
様々な人々に支持されました。
そんな吉本さんはどんな思想を持ち、
今、日本が抱える大きな課題「原発」については、
どう捉えていたのでしょうか?
「知の巨人」吉本隆明が生前、示していた“日本が選ぶべき道”とは?
お相手は星浩さんです。
(2012/4/2 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ