DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

月曜日
先日、南相馬で診療を続けるある精神科医のブログが話題をよびました。
南相馬市立総合病院 神経内科の小鷹 昌明氏による「福島で足りないもの」という
タイトルの記事では、介護・福祉職員の圧倒的不足からくる、
ケア施設の絶対的欠乏という福島の現状を憂いています。
今、福島に何が足りないのか。あらためて考えます。
(2012/9/24 UPDATE)
月曜日
人類史上初の月面着陸に成功した米宇宙船アポロ11号の船長、
ニール・アームストロング氏が8月25日、死去しました。
ニール・アームストロング氏は、輝かしい栄光の一方、人生の後半はひっそりと生活。
帰還後、表舞台から去って、英雄視されることも好まなかったといいます。
アームストロング氏を含め、月面を歩いたアメリカの宇宙飛行士は12人。
アメリカメディアなどによると、大半がNASAを退いた後、
企業経営など航空宇宙の経験を生かした人生を過ごす一方、
数奇な道をたどった人物も少なくないのだとか。
科学とは正反対の超能力現象の研究所を設立した人もいれば、画家になった人も。
アームストロング氏をはじめ、月面歩行を成し遂げた宇宙飛行士のその後の人生を通し、彼らを突き動かせた理由を考えます。
(2012/9/17 UPDATE)
月曜日
今、演歌界きっての大物歌手二人が苦境に立たされています。
今回の騒動の根本原因は、演歌歌手の食い扶持である興行収入が、ここ10年ほど下がり続けていることだとか。もちろん、CD自体が売れなくなったことも一因です。
「演歌」が低迷しているとすれば、何故か…?
ある作曲家は「演歌」が聴かれ歌われる場の減少が理由であるとしながら、現代人の社会心理の変化に原因があると分析しています。
文化としての演歌がなぜ今、受け入れられなくなりつつあるのか、考えます。
(2012/9/10 UPDATE)
月曜日
現在首都直下の地震で予測されている被害想定の中で
「火災」による被害の想定値が「火災は甚大な被害を及ぼす」と言われるのに比して
低いのでは、という指摘があります。
なんと被害想定の専門委員の中に、火災のメカニズムの分かる専門委員が不在という事実。
311以後各所で見直されている地域防災計画については、この被害想定が基になるわけですが、最も甚大な被害を及ぼすとされている首都圏の地震火災について
想定が脆弱であれば対策もできず・・。

想定は想定に過ぎませんが、原発事故の「想定」もまさかここまで起こらないで
あろうことを「想定外」に考え、まさにそれが起こってしまったわけです。
その点を指摘している専門家をゲストに現状を伺い、
今やるべきこと、減災も含め一考します。
(2012/9/3 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ