DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

木曜日
9月2日未明、東京・六本木のクラブで発生した集団襲撃事件。
今回の事件は、防犯カメラに映った襲撃犯も同年代と見られることから、
組織に属さない不良集団の抗争事件ではないかと注目されています。
その背景には、暴対法、暴排法で暴力団の活動が徹底排除された結果、経済力のある不良集団がマフィア化しつつある…という現状があるようです。
六本木の襲撃事件から見えてくる闇の経済事情の変化、考えられる私たちへの影響について考えます。
(2012/9/24 UPDATE)
木曜日
セブン&アイ・ホールディングスは8日、傘下のイトーヨーカ堂で2015年度をめどに
従業員のパート比率を9割に高め、約8600人の正社員を半減する方針を正式に表明。
こうした方法で、人件費を抑えながら売り上げが低迷している衣料品売り場などのてこ入れを図り、収益の改善を目指すことにしています。
一見、悪いイメージのある「非正規社員の割合増」。その意外な効用とは?
また今後、非正規社員の割合増は、他の流通業でも広がっていくのでしょうか?
(2012/9/17 UPDATE)
木曜日
夏休みにシルクロードを旅されたという伊藤さん。伊藤さんが体験したこと、感じたことをお話しして頂きます。
(2012/9/10 UPDATE)
木曜日
3・11の大震災以降、ことば・文章に対する感じ方、考え方はどのように変わったのか。
本書は文章教室を進化させるタカハシ先生が、詩や小説から政治家の演説まで、3・11以降の「2011年の文章」を自在に引用しながら、ことばの本質に迫る文章読本。

3・11後には読めなくなってしまった文章と、普通に読める文章があります。
そう感じている人は少なくないのではないでしょうか。
本書で著者は、この2つの違いについて考え、ひとつの結論を導き出しています。
『「あの日」以来、ひとつには「死」というものが身近にあることに気づく。
「自分の死」を勘定に入れずに成り立つ「日常」の文章を、
もはやそのまま受け入れるのは難しいのだ』と。
3・11後、あなたが“ある文章”に覚えた違和感。
本書にはその原因を知るヒントがあるのではないでしょうか。
(2012/9/3 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ