DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

火曜日
2011年に憲法改正案が作成されたアイスランド。
改正案を書いたのは市民から選ばれた25人の普通の市民。
FacebookやTwitterで議論が行われ、議論の様子はストリーミングで中継されました。
アイスランドの事例が意味するのは、政治家はいなくても、ネットがあれば何でもできるということ。
何年も前からなされている「ネットは政治を変えるのか」という議論。
ネットがあれば、政治家なんていらないのか?
ネット世論の過剰介入は衆愚政治も危惧されます。ネットと政治が保つべきバランスとは?
(2012/10/29 UPDATE)
火曜日
雑誌WEDGE編集長の大江紀洋さんをお迎えして、尖閣問題を議論する前に知っておかなければならないことについて解説して頂きます。
(2012/10/22 UPDATE)
火曜日
自民党の安倍総裁ら新執行部は9日、経団連の米倉会長ら幹部と政策対話を行い、
政府が掲げた「2030年代の原発稼働ゼロ」について、反対の立場で一致しました。
この中で、経団連側は、政府が方針として掲げる
「2030年代に原発稼働ゼロ」とのエネルギー政策は極めて無責任だとした上で、
「自民党には責任を持ったプランを示してもらいたい」と求めました。
このように、毎日のように報じられる「脱原発」をめぐるニュース。
社会学者の開沼博氏は、「脱原発の声なんて、圧倒的にどうでもいいと思われていることを自覚すべき」と話しています。
「脱原発の声なんて、圧倒的にどうでもいいと思われていることを自覚すべき」は、ただの暴論なのでしょうか?発言の真意を考察します。

(2012/10/15 UPDATE)
火曜日
求人情報サイトを運営するリブセンスが1日、東証マザーズから東証1部に市場替えしました。早大在学中の2006年に創業した村上太一社長(25)は東証1部で史上最年少の社長となり、グリーの田中良和社長(当時33歳)の記録を大幅に更新。
リブセンスとはどんな会社なのでしょうか?
躍進の背景には何があるのかでしょうか?
(※内容は変更する場合があります)
(2012/10/8 UPDATE)
火曜日
大津市の市立中学2年の男子生徒が自殺した事件などをきっかけに、いじめを受けたとする子供の保護者らが、探偵会社に調査依頼や相談を持ちかける事例が急増しているそうです。
背景には、いじめへの不安と学校側の対応への不信があるとみられ、
実際に探偵の調査で問題が発覚することも。
探偵業者にいじめ調査の実態をうかがいつつ、その効果を探ります。
(2012/10/1 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ