DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

木曜日
今月はじめ、日本国内に「インターネット依存症」の疑いのある人は270万人もいるという驚愕の事実が、厚生労働省研究班の調査で浮かび上がりました。
そんな中、一定の時間、あえてデジタル環境から距離をおく、「デジタルデトックス」「IT断食」「スマホ断ち」に注目が集まっています。
IT企業のドリーム・アーツは会議へのパソコン持ち込みとパワーポイントの使用を1年前に禁止しました。
注目を集める「デジタルデトックス」を通し、ネットとの適切な距離感、
今、考えるべき「賢いITの使い方」とは?

(※予定しておりました内容を変更いたしました。ご了承下さい)
(2012/11/26 UPDATE)
木曜日
星野リゾートの「喫煙者は応募してはならない」という旨の新卒採用条件が
話題を読んでいます。
何とそれは「喫煙者は採用しない」というもの。
社員の喫煙は、「作業効率」「施設効率」「職場環境」という3つの要素において競争力を弱めることになるため、今回の募集要項にいたったのだとか。
星野リゾートの「喫煙者不採用宣言」は企業の採用戦略として、どのような可能性を秘めているのでしょうか?
(2012/11/19 UPDATE)
木曜日
無許可ダウンロードの刑罰化、いわゆる「違法ダウンロード」の刑事罰化が10月から始まっています。
「マイボイスコム」が11月1日に発表した、音楽ダウンロードの利用に関するアンケート調査の結果で、
音楽ダウンロードの利用経験、頻度がともに減少傾向にあること、1ヶ月あたりの音楽にかける金額についても「0円」という回答が実に68.6%を占めたことがわかりました。
今年の10月から施行された「違法ダウンロードの刑事罰化」により、音楽コンテンツの売上げ動向が注目されていた今回の調査だったが、蓋を開けてみれば、音楽業界の売上げ回復どころか、「音楽離れ」の傾向が如実に現れる結果に。
違法ダウンロード刑事罰から一ヶ月。その功罪を問います。
(2012/11/12 UPDATE)
木曜日
09年のイタリア中部ラクイラの大地震を巡り、地震前に発生のリスクを議論した伊政府の委員会メンバーだった地震学者らが実刑判決を受けた裁判が世界中で物議をかもしています。
イタリアの判決について、日本地震学会の加藤照之会長(東京大教授)は
先月29日、「強い懸念を感じる」などとして判決を批判する声明を発表。
一方、今回の判決に対して、東京大学地震研究所助教・大木聖子氏は「日本の報道の間違い」を指摘しています。
『予知失敗で禁錮6年』という見出しをよく目にしますが、実際、告訴された理由は,『地震が起きる前に,安全宣言を出したから』だそうです.
今回の判決の真相、投げかけた問い、“科学者が担うべき責任”とは何なのか、考察します。
(2012/11/5 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ