DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

水曜日
今問題となっている体罰問題。体育会系という縦割り社会が、体罰を助長してきたとするならば、日本の組織の悪しき習慣から抜け出さなくてはならないでしょう。

思考停止の縦割り社会を断ち切り、世界を拡げ、つながりを深めていくことが必要…。そういう想いから、クリエイターのためのSNS「FREEWORLD」を立ち上げたのが、映画監督の紀里谷和明さん。

クリエイター同士が交流を深め、それぞれがつながることで、新たな作品、発想が生み出されるということが日本では難しいと語る紀里谷さん。
彼は、クリエイター同士がフォローしあえる「FREEWORLD」をスタートし、
新しいものを生み出しにくい“自主規制”、そして“出る杭は打たれる”といった環境を打破しようとしています。

組織、そして日本から飛び出した紀里谷監督は、今の日本の“つながり”をどのように受け止めているのか?日本独特の文化から脱却するヒント、そして日本に足りない“つながりの力”とは?
(2013/2/25 UPDATE)
水曜日
専門家によるニュースの深堀コンテンツ、All About News DigとTIME LINEの連動企画、
第3回目のテーマは「ニュース・シネマ・パラダイス!〜ニュースな映画館〜」。
ジャーナリストの田原総一郎さんにお話をうかがいます。

黒澤明、大島渚、若松孝二という三人の監督の生き方と、
そこから見える日本のジャーナリズムについて、
田原総一朗さんと上杉隆さんが熱く語ります。
(2013/2/18 UPDATE)
水曜日
専門家によるニュースの深堀コンテンツ、All About News DigとTIME LINE 連動がスタート。
All About News Digブロガーと、TIME LINEのパーソナリティーが共通のニュースについて、持論を展開します。
第2回目のテーマは「多様化する幸せのカタチ。『ダウンシフト』という生き方」。

安倍政権の経済政策「アベノミクス」。
「財政出動」「金融緩和」「成長戦略」という「3本の矢」で慢性的なデフレから脱却し、経済成長を目指しています。

しかし、この“成長”について疑問を感じ、減速する生き方を選ぶ人々もいます。
その生き方とは「ダウンシフト(減速生活)」。
例え収入が減ったとしても、出世や競争社会から脱却して家族と過ごす時間を増やすなど、シンプルで幸福が感じられる生活に切り替える生き方です。

しかし、こういった考え方は、戦後日本の経済成長を支えてきた世代とは180度違うもの。
安倍政権が目指す経済成長と、多様化する個々の幸せ。
「ダウンシフト」という生き方は、これからの日本の経済成長にどのような影響があるのでしょうか?

「減速して生きる」の著者・高坂勝さんをゲストにお迎えし、詳しいお話をうかがいます。
(2013/2/11 UPDATE)
水曜日
アルジェリアでの人質事件で、日本政府はこれまで伏せてきた日本人犠牲者の氏名を、
遺体が帰国する先月25日に公表。
実名公表もさることながら、今回の一連の報道は「メディアスクラム」だとして、
批判の声も高まっています。

メディアスクラムとは、大事件や大事故の取材にあたって多数の報道機関・取材陣が
被害者宅や容疑者宅など特定の場所や関係者に殺到し、
関係者のプライバシーを侵害したり社会生活を妨げ、大きな苦痛を与える状況。

メディアスクラムは“必要悪”なのでしょうか?
アルジェリア人質事件被害者の実名公表で生じた、マスコミと受け手に生じた乖離を
埋めることはできるのでしょうか?
今夜は、ジャーナリストであり「週刊朝日」元編集長・山口一臣さんをお招きし、
アルジェリア人質事件が投げかける課題を検証します。
(2013/2/4 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ