DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

火曜日
「さとり世代」という言葉が広まっています。インターネットから生まれた表現で、今の若者を象徴しているのだとか。
「さとり世代」が最初に登場したのは2010年1月。ネット掲示板「2ちゃんねる」で、元日経新聞記者の故・山岡拓さんの著作「欲しがらない若者たち」を語るスレッド。
同書には、今の若者の消費動向について「車に乗らない。ブランド服も欲しくない。スポーツしない。酒は飲まない。旅行しない。恋愛には淡泊」とあります。
これを受け、「さとり世代だ!」という書き込みを発端に、ネットで拡散していった言葉。
「さとり世代」が将来をさとっているわけとは?
(2013/3/25 UPDATE)
火曜日
創刊からわずか8年で、全米の利用者は月間6000万人を超え、
アメリカで最も成功したニュースサイトと言われる「ハフィントン・ポスト」。
5月7日、朝日新聞と共同で日本版がスタートします。
ザ・ハフィントン・ポストはニュース、ブログなどをベースに、ユーザーが意見を
交換できる参加型のサイトで、米国では月間約4600万人が利用。
ハフィントン・ポスト日本版の編集長に、グリー出身の松浦茂樹氏が就任すると発表されました。
ハフィントン・ポスト日本版は、「新編集長の指揮のもと、日本で初めての、
新しい形の言論フォーラムの創生を目指す」としていますが、
果たして、日本のネットユーザーたちの心をつかむことはできるのか考えます。
(2013/3/18 UPDATE)
火曜日
福島第一原発の事故から2年が経とうとしています。福島県内の避難者数は今も16万人近くで、放射線への不安は払拭されていません。
時が経つのに連れ原発に関するニュースも減っていく中、この2年で福島の何が変わったのか?現状どうなっているのか?
東京海洋大学の石丸隆教授にお話をうかがいます。
(2013/3/11 UPDATE)
火曜日
東京電力は2月25日、福島第1原発事故の収束作業に当たっていた
50代の男性作業員が意識不明の重体となったと発表。
福島第一原発の作業員の「体調不良」や「死亡」のニュースは定期的に報じられますが、
放射能との関連性は報じられることがなく、東電もそれを否定します。
改善されない劣悪な労働環境、横行する違法派遣・請負、労災隠し。
危険手当さえ、ピンハネされる。それでもなぜ、彼らは働きつづけるのでしょうか?
(2013/3/4 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ