DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

木曜日
アップル社の市場投入がウワサされる、腕時計型の身につけて使用する超小型端末(ウェアラブルコンピューター)「iWatch」。
来年の2月にはアメリカでグーグル・グラスの試用機が販売されますが、すでに「車の運転中は危険」「隠れ家的飲食店での使用禁止」といった声が出ています。

普及の兆しを見せるウェアラブルコンピューター。その可能性とユーザーがすべき心構えとは?
(2013/7/29 UPDATE)
木曜日
アップル社の市場投入がウワサされる、腕時計型の身につけて使用する超小型端末(ウェアラブルコンピューター)「iWatch」。
来年の2月にはアメリカでグーグル・グラスの試用機が販売されますが、すでに「車の運転中は危険」「隠れ家的飲食店での使用禁止」といった声が出ています。

普及の兆しを見せるウェアラブルコンピューター。その可能性とユーザーがすべき心構えとは?
(2013/7/22 UPDATE)
木曜日
スイス出身のタレント、春香クリスティーンさんが、初の著書「永田町大好き! 春香クリスティーンのおもしろい政治ジャパン」を出版。
独特なキャラクターを持つ彼女は、自他ともに認める「政治マニア」で、30分でも時間が空けば、国会議事堂に足を運ぶとか。
「若者が政治に関心がないというのはそれほど悪いことなのだろうか」という声もある中で、彼女の示す、政治をレジャー感覚で“楽しむ”という考え方の意味とは?
(2013/7/15 UPDATE)
木曜日
ハリウッド映画界の巨匠、スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス両監督が、映画業界の崩壊を予言するスピーチをしたと話題となっています。
スピルバーグ氏は映画館の入場料が作品の製作費によって変わるようになる、
ルーカス氏は映画館の激減により映画鑑賞という行為が高級化すると予想。
物議を醸したハリウッドの巨匠のスピーチから、「映画ビジネスの未来」を考えます。
(2013/7/8 UPDATE)
木曜日
“冒険”できないテレビ番組、ネットによる炎上、さらには就活未完による自殺。
そこら中に蔓延する「失敗してはいけない」という空気。
今、レオナルド・ディカプリオ主演の『華麗なるギャッツビー』が公開中です。
原作はフィッツジェラルドの『グレート・ギャッツビー』。
成蹊大学教授(日本フィッツジェラルド協会前会長)宮脇俊文氏は
フィッツジェラルドの魅力をこう語ります。
「1930年代後半に書いたエッセイでは“人生とは崩壊のプロセスである”と書き、
また自分を「失敗の権威」、ヘミングウェイを「成功の権威」と呼んだりしていますが、僕はむしろ、彼が自分の弱さとしっかり向き合っていたところに感銘を受けますね」
まさに失敗してはいけない空気がただよう今こそ、フィッツジェラルドを読むべきではないか。
“失敗の権威”フィッツジェラルドから学ぶ失敗のすすめとは?
(2013/7/1 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ