DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

火曜日
WEDGE大江編集長をお迎えして、教育の今についてお話をうかがいます。
(2013/9/30 UPDATE)
火曜日
先月27日、政府が明らかにした秋の臨時国会に提出予定の「特定秘密保護法案」の概要。
これに対し、女優の藤原紀香さんが自身のブログで「特定秘密保護法案」への危機感を表明したことが話題になっています。
危機意識がいまいち広がっていない、「特定秘密保護法案」。
このまま成立させていいのでしょうか。
法案が成立した際に想定される、様々な懸念とは。
(2013/9/23 UPDATE)
火曜日
雑誌や書籍など紙の本を出す前にウェブサイトで作品を公開したり、電子書籍だけを配信する「デジタルファースト」と呼ばれる取り組みが加速しています。
ダイヤモンド社から今年1月に刊行された統計家、西内啓さんの著書『統計学が最強の学問である』は現在までに28万部を発行するベストセラー。西内さんがウェブサイトで連載した内容をまとめて書籍化したもので、「デジタルファースト」で生まれた代表的な作品です。
「デジタルファースト」が出版界にもたらす影響を考えます。
(2013/9/16 UPDATE)
火曜日
内閣府の調査によると「ひきこもり」層は70万人、予備軍も含めると225万人という膨大な数に上るといいますが、その実態はなかなか伝わってきません。
そんなひきこもりの問題が深刻化する中、「ひきこもり大学」というプロジェクトがスタートします。これは元々、30代のひきこもり当事者男性Mさんの思いつきから生まれた発想。Mさんによれば、ひきこもり大学とは、当事者が先生になり、家族や支援者、一般の人たちが生徒になって、引きこもり経験や知恵を学ぶ場。
「長期化」「高年齢化」し、ますますタブー化しているという「ひきこもり」という問題に対し「ひきこもり大学は」どのような可能性を秘めているのでしょうか?
(2013/9/9 UPDATE)
火曜日
職場で嫌がらせを受けるパワーハラスメントの訴えが増え続ける中、難しい資格の取得を求める「資格ハラスメント」が問題化しつつあります。
個人加盟の労働組合「東京管理職ユニオン」の鈴木剛書記長によると、2008年のリーマン・ショックの前後から、資格の取得や語学の習得を強要されているという相談が寄せられるようになったといいます。
取得できないと降格、果てはリストラ対象の可能性をほのめかされる…。
休日返上で試験勉強を要求し、精神的にも肉体的にも疲弊する「資格ハラスメント」の実態とは?
(2013/9/2 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ