DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

水曜日
佐賀県武雄市教育委員会は小中学生全員に1台ずつ配るタブレット端末で
「反転授業」に取り組む方針を決めました。
「反転授業」とは、これまで学校の授業で教えてきた基礎的な内容を、タブレット端末を使って家で学び、家で取り組んでいた応用課題を学校で学ぶよう「反転」させる方法。
教育現場にはどのような影響をもたらすのか考察します。
(2013/9/30 UPDATE)
水曜日
近頃、ネットで話題の「繊細チンピラ」という言葉。
今やネットにはこの「繊細チンピラ」がはびこっているために、FacebookやTwitterに
何かポジティブなことを投稿すると「リア充自慢だ」と罵られ、挙げ句、本人の意志とは
無関係の「炎上」という方向に向かってしまうことは珍しいことではありません。
繊細チンピラとは何なのか。ネットで人気のライター・小野ほりでぃ氏はこう定義付けています。
「自分に欠けている何かを持っていることに無自覚な他人の発言を勝手に自慢と受け取って激昂する人」
弱者の気持ちを勝手に代弁したがる人が増えたネットの世界。そもそもなぜ、他人の幸せに苛立つ人が増えたのか。
「繊細チンピラ」に絡まれたことがきっかけで、炎上することも考えられなくはありません。「繊細チンピラ」に絡まれたときの対策とは?
(2013/9/23 UPDATE)
水曜日
一般人がスマホで撮った事件や事故のスクープ写真をその場でアップロードし、報道機関が買い取る「スクープショット」というサービスが拡大中です。
世間を賑わせる事件の第一報が、マスコミではなく一般市民から発せられることが増えており、その背景には、カメラ機能のついたスマートフォンが普及し、情報を発信できるメディアを個人が持ち始めたことがあります。
誰もがフォトジャーナリストになれるかもしれない「スクープショット」が秘めている可能性とは?
(2013/9/16 UPDATE)
水曜日
今期話題のドラマ「あまちゃん」で、3.11をどのように描くのか。
以前よりファンの間では予測がされていたが、実際に放送されたのは、“リアルな”揺れや津波の映像を使うことのない演出でした。
この演出を、法政大学教授でジャーナリストの水島宏明氏は「見事な演出」と絶賛しつつ、
翻ってテレビの報道番組はどうか、と疑問を投げかけている。
「本物の映像でも、何度も見せられることで視聴する側に逆にリアルさが薄れてしまい、表現として薄っぺらく受け止めてしまう」
テレビジャーナリズムは今、本当に“薄っぺらい”存在になってしまったのだろうか。
視覚に訴えるメディアが抱える問題とは何なのか考えます。
(2013/9/9 UPDATE)
水曜日
安倍晋三首相は成長戦略に女性の活躍推進を掲げています。
その内容は、2020年までに、社会のあらゆる分野において指導的地位に占める女性の割合を30%程度まで引き上げるというもの。
この春、東京証券取引所や内閣府なども、女性登用の実態を開示するよう要請し、東証によると、最終的に全上場企業の1割以上が何らかの対応に踏み切るとみられています。
今後、多くの企業が女性管理職を増やしていく雰囲気が漂う中、DeNA創業者の南場智子氏は「“底上げ”人事は女性に失礼」と指摘。
昇進の理由が“女性である”ことは、周囲の男性の反感を買わないのか。
そもそも底上げすること自体、機会均等という考え方に反していないのか。
女性の働きかた、企業内での活躍について考察。
(2013/9/2 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ