DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

火曜日
番組休止
(2013/12/30 UPDATE)
火曜日
「WEDGE」大江編集長をお迎えしてお話をうかがいます。
(2013/12/23 UPDATE)
火曜日
上位1%程度の「すごい学生」ばかりを集めて紹介する、就活支援のインターネット
サービスが話題となっています。その名も「ガクセン」。学生選抜の略です。
登場するのは学生団体のリーダー、学生新聞の編集長、NPOを立ち上げた学生、学生起業家など、「上位1%」と名乗るにふさわしい学生ばかり。
現在、ガクセンに掲載された学生にアプローチできる会員企業は、
東証一部上場企業から中小企業まで、規模や業種はさまざまで、
サービスを開始して2年が経過し、実際にマッチングした例も出ているという。
就活のあり方が問われている今、この試みは就活生にどのような影響をもたらすのでしょうか?
一握りの優秀な学生だけを検索して採用できる“逆求人型”ネットサービスが秘めている可能性とは?
(2013/12/16 UPDATE)
火曜日
厚生労働省は「ブラック企業」対策として、来年度からハローワークを通じて大学生や大学院生を採用する企業に対し、離職率の公表を求めることを決定。
一方、厚生労働省の審査を受けて、非ブラック企業との「お墨付き」をもらい、学生らにアピールする企業が増えています。今年10月末時点で宣言したのは4375社。各労働局のホームページで閲覧可能。
こうした政府の取り組みは、問題の解決につながるのだろうか?
『ブラック企業〜日本を食いつぶす妖怪』の著者でNPO法人POSSE代表の今野晴貴さんは、政府の取り組みは問題解決に向けた一歩と評価する一方で、「社会システム全体がブラック化している」との指摘。
企業だけでなく、学校、福祉事業、さらには家族までもが「ブラック化」している今、
個人としてどんな対応が求められるのか考えます?
(2013/12/9 UPDATE)
火曜日
インターネット通販大手の米アマゾン社が、日本国内向けの映像配信サービスを11月中にも始めることがわかりました。通販サイトとして国内最大級の会員を抱えるアマゾンは、紙の書籍の品ぞろえで街の書店を圧倒。昨年10月に参入した電子書籍配信事業でも国内上位のシェアを誇ります。2500万曲以上の音楽も配信。
今回、映像も加えることで、書籍・音楽・映像の3分野を手がける巨大な作品(コンテンツ)配信サイトが登場。
日本で映像配信サービスを始めるアマゾン。その先にある狙いとは?
(2013/12/2 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ