DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

水曜日
人や物、お金の流れがますますグローバル化し、成長の度合いを増している世界経済。
この数十年、日本はアメリカの後を追い続け、近年はグローバル経済を受け入れ、そこに飛び込みつつあります。
グローバル化を推し進め、アメリカの姿を追い続ける日本。
「脱グローバル経済」によってもたらされる日本の未来とは?
(2013/12/30 UPDATE)
水曜日
先の臨時国会で最も注目を集めることとなった特定秘密保護法案。多くの反対の声があった中、強行採決というかたちで秘密保護法案は成立。この成立に対して、多くの人が「民意を無視している」と声をあらげました。
果たして「民意」とは何なのだろうか。
民意という言葉が持つ違和感。日本の政治は民意を反映してきたのか。
巨大に膨れ上がりがちな昨今の民意。「民意」という言葉は日本をどこに導くのか?
(2013/12/23 UPDATE)
水曜日
今月、特定秘密保護法が成立した。
官邸前では反対のデモが続いていたが、その声は届かなかったのだろうか。
― 何が秘密で、何が秘密でないかも、秘密。

私たちは今、何を知り、何を知らないのだろうか。

ラジオ生活40年目に突入したフリーアナウンサー・吉田照美は、
東日本大震災、福島第一原発事故の後、焦りを感じていたという。
「メディアは真実を伝えない」
「ラジオのしゃべり手である自分に、何ができるのか。何が伝えられるのか」

著書『ラジオマン 1974〜2013 僕のラジオデイズ』で語られた覚悟とは何か。
知ること、伝えること。その意味とは。

吉田照美と上杉隆が、その「覚悟」を語る特別対談。
(2013/12/16 UPDATE)
水曜日
気鋭の論客として注目される、瀧本哲史氏の新著『君に友だちはいらない』が11月に登場し、すでにベストセラーとなっています。世界経済のグローバル化により、新たな組織の仕組みが再構築される「夜明け前」の今を生きるための「チームアプローチ」論を通じて、
ほんとうの友だち、真の仲間のあり方に迫った内容。
「ブラック企業」によって労働力が安く買い叩かれ、「人間のコモディティ化」が
進行する日本で、若者がどうすれば孤独という闇に陥らず、
生き延びることできるのか?
そんな苦難が強いられる時代に「必要な友達」、「不必要な友達」とは?

(2013/12/9 UPDATE)
水曜日
若者の関心を政治に向けるため、日本政策学校が12月より、ネット政策シンクタンクと連動した「クラウド型政治マンガ出版」プロジェクトを開始。
政治という若者にとって堅い言葉を、マンガという若者にとって親しみのある文化を使って単純にできるのではないか、というのが狙い。
マンガ自体は、13年12月下旬より、ニコニコ静画にて連載が開始され、14年6月にディスカヴァー・トゥエンティワン社より単行本を出版し、シリーズ化する予定。 
市民が望む政策を実際の自治体で提案・実現する前に、マンガの中の主人公が実行するという日本初のクラウド型・政治マンガプロジェクト。
果たして狙い通り、若者の政治離れを防ぐことはできるのか?
(2013/12/2 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ