DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

火曜日
最近、よく目にするようになってきた「ネイティブ広告」という言葉。
ネイティブ広告とは一見、広告らしくなく、記事のような構成でつくられている広告を指します。
通常、紙であれネットであれ、広告は広告であることが一目で分かるような体裁になっています。しかしネイティブ広告は記事と同じフォーマットで提供されるので、読者は記事か広告かを一目で判別することができません。
賛否両論あると言われる「ネイティブ広告」。メディアの救世主となりうるのか考察します。
(2014/1/27 UPDATE)
火曜日
雑誌「WEDGE」の大江編集長をお迎えしてお話をうかがいます。
(2014/1/20 UPDATE)
火曜日
昨年、政府が閣議決定した2013年版「自殺対策白書」によると、2012年の全国の自殺者数は前年比2,793人減の2万7,858人となり、1997年以来、15年ぶりに3万人を下回りました。
しかし、依然として20代の自殺者数は深刻な状況。
そんな中「夜回り2.0」という、おそらく世界でもまだ誰も手がけていないインターネットを利用した自殺防止活動を一人で立ち上げ一人で運営している20代の男性がいます。
スマホ、ネットマーケティングの力を利用して若者の自殺を予防する取り組み「夜回り2.0」。
世界的にも類を見ないテクノロジーを駆使した自殺防止活動を続ける若者が目指すものとは?
(2014/1/13 UPDATE)
火曜日
人口増に伴う地球温暖化の影響により、水を安定的に、そして十分に供給することはこれからますます難しくなると言われます。
最新のデータによると、世界の37カ国がすでに「極めて高いレベルの水ストレス」状態に直面。「水ストレス」とは、1人当たり年間使用可能水量が1700トンを下回り、日常生活に不便を感じる状態を指します。
日本人は、日本は水に困らないと思いがちで、食料自給率の低い日本が海外の水に依存して生きていることはあまり知られていません。
気候変動に伴う水環境の変化により、世界各国を脅かす「水ストレス」。
水輸入大国・日本が今やるべきこととは?
(2014/1/6 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ