DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

火曜日
東日本大震災による福島第一原発の事故直後に導入されたロボットは、アメリカ製など海外のものが中心だったといいます。
なぜ、世界に誇る技術を持つ日本製ではなかったのでしょうか?
ここにきて続々と日本製ロボットの開発が進み、最前線での活躍が始まっているといいますが、なぜ、ここまで時間を要したのでしょうか?
日本製の原発作業ロボットの投入が遅れた背景を探ります。
(2014/5/26 UPDATE)
火曜日
WEDGE6月号では「50代こそリセットのススメ」として、
団塊の世代に比べ不遇の時代を生き抜いてきたともいえる
“今どきの50代”に焦点をあてています。
50代からの起業、老後の伴侶を求めた結婚、生き方の見つめなおし。
いずれ訪れる50代をいかに迎えるか、WEDGE大江編集長にうかがいます。
(2014/5/19 UPDATE)
火曜日
佐賀県武雄市は4月17日、公立小学校と民間学習塾「花まる学習会」による「官民一体型学校」を創設すると発表。平成26年6月夏より研究開発校を指定し、平成27年4月より実施校にて本格実施します。
文部科学省によると、官民一体で公立学校の授業に取り組むのは初めて。
授業をするのは学校の教員で、学習指導要領に沿ってこれまでどおり検定を受けた教科書を使うが、副教材として塾の教材を活用することも検討します。
公教育の在り方に一石を投じる試みとなりそうな、民間学習塾との提携。
日本初の官民一体型学校は、教育現場にどにような影響をもたらすのか検証します。
(2014/5/12 UPDATE)
火曜日
スマートデバイスの普及が企業に「シャドーIT」という新たな問題を発生させています。
シャドーITとは、企業内で許可されていないデバイスや各種クラウドサービスなどを“仕事で勝手に使う”こと。Dropboxなどのクラウドサービスやスマートフォン/タブレットの普及とともに、そのリスクを表現する言葉として最近よく用いられています。
ワークスタイルの多様化などを背景に、企業におけるシャドーITは年々広がっています。
シャドーITが横行する一番の理由は、もちろん利便性が高いから。
ITを用いたワークスタイルの多様化とともに高まる情報漏えいのリスク。
矛盾する2つの命題は果たして共存しうるのか?
日本企業に求められるシャドーITとの向き合い方とは?
(2014/5/5 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ