DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

火曜日
先日、閣議決定されたことで内閣支持率にも大きな影響を与えている集団的自衛権行使容認の問題。
難解な集団的自衛権行使容認の流れを国民的人気アニメ「ドラえもん」を用いて理解しようと言う取り組みを紹介した朝日新聞の記事が物議を醸しています。
札幌のある高校での現代社会の授業において、弁護士を招いて集団的自衛権を学ぶ授業が行われました。大人でもわかりにくいこの問題を、アメリカを「ジャイアン」、日本を「のび太」に例え、「のび太が武装して僕は強いといっても、本当に自分を守れるかな」との問いを投げかけました。

この授業が国民的アニメドラえもんを安易に政治利用するなと批判されているのです。なぜ、“安易な政治利用”なのか。
あえて、ドラえもんで集団的自衛権・安全保障を考えるならば、どのように考えるべきだったのか?
評論家の宇野常寛さんとともに考えます。
(2014/7/28 UPDATE)
火曜日
大間や壱岐の漁師が「マグロが消えた」と悲鳴をあげています。ウナギに至っては絶滅危惧種に指定。これは氷山の一角に過ぎず、日本では漁業そのものが限界に差し掛かっているのだとか。
今年2月、世界銀行は主要国・地域の漁業の将来についてのレポートを発表。そのなかでマイナス成長と予測されたのは、日本だけ。
アメリカでは、ここ数年、雇用、収入、売上、利益など、向上していると言います。
魚を獲り尽くす日本人。今後、日本の漁業はどうなっていくのでしょうか?
「Wedge」の伊藤記者をスタジオにお迎えし、お話を伺います。
(2014/7/21 UPDATE)
火曜日
人手不足を原因とした企業倒産が各地で広がっています。バブル崩壊後の景気停滞期にはほとんど見掛けなかったが、景気が上向きだした昨年から目立ち始め、今年はさらに倍増する勢いです。
東京商工リサーチによると、2014年上半期は求人しても人が集まらない「求人難」による倒産が10件、「人件費の上昇」による倒産は10件でした。年間を通してそれぞれ10件と9件だった13年を、今年は半年で既に上回るペースとなっています。求人難による倒産はバブル期に膨らみ、末期の1991年には258件に達しましたが、90年代の半ば以降はほぼゼロの状態が続いていました。今年に入って状況は一変、人手不足による倒産は今後も増える見通しです。

「深刻だ」「心配だ」などと危機感ばかりが煽られている「人手不足」。
危機感を煽る論調への反論を通し、「人手不足」の何が問題で今後どんな影響が出てくるのか、考えます。
(2014/7/14 UPDATE)
火曜日
アベノミクス第3の矢「成長戦略」に欠かせない岩盤規制の打破。
2014年1月、ダボス会議において安倍首相は
「今後2年間で、岩盤規制をすべて打ち破る」と、世界のリーダーたちの前で宣言。
果たして、その実現性はどの程度のものなのだろうか。
また、なぜ、長年、規制という搾取構造は打ち破ることができないでいるのだろうか。
岩盤規制打破に必要なものとは!?
元規制改革担当大臣補佐原英史氏を迎え、お話を伺います。
(2014/7/7 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ