DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

月曜日
今週は「知らない方が幸せだったかもしれない話
〜僕たちはこんな時代に生きていた」と題してスペシャル企画をお届けします。

フランスの経済学者、トマ・ピケティの著書、「21世紀の資本論」が世界的ベストセラーとなっています。
日本では今年12月に発売されるというこの本は、「資本主義」は必然的に格差拡大、富の集中を生んでしまい、資産に対する課税強化が必要だと説いています。

軒並み先進国が格差や貧困に悩んでいる中、日本に住む私たちの生活はというと…。

アベノミクスの渦中に生きる私たちの日常は、本当に豊かになっていくのか?話題の書「21世紀の資本論」をヒントに考えます。

初日の月曜日はコラムニストの小田嶋隆さんと一緒に、世の中が向かう方向について考えます。
(2014/8/25 UPDATE)
月曜日
インターネットを使った選挙運動が解禁された、参院選の投開票から1年あまりが経過しました。
それに合わせ先月22日に開かれた与野党担当者によるシンポジウムでは、ネット選挙の利点が指摘されたものの、国政選挙が当面想定されていないこともあって、一般有権者のメール利用など全面解禁に向けた議論は棚ざらしのまま。
「日本インターネットプロバイダー協会」が、加盟する160社を対象に解禁後1年間に候補者や政党から何件の削除申請が寄せられたか調査したところ、こうした申請は1件もなかったといいます。
解禁から1年。ネット選挙運動は日本に根付かなかったと結論付けてもいいのでしょうか。
『ネット選挙 解禁がもたらす日本社会の変容』の著者・西田亮介さんにお話を伺い、ネット選挙運動の今とこれからを考えます。
(2014/8/18 UPDATE)
月曜日
番組はお休みです。
(2014/8/11 UPDATE)
月曜日
今週金曜(8日)に公開される、人気SFアクション映画『トランスフォーマー』シリーズの最新作、『トランスフォーマー/ロストエイジ』。すでに公開されている世界各地で大ヒットを記録、公開4週で約900億円を稼ぎ出しています。
とくにヒットしているのが、約300億円の歴代最大ヒットを記録し、アメリカ国内での収益約250億円を上回っている中国。
大ヒットの一因とされるのが、中国の観客を引き付けるために最大限の配慮がなされていること。いたるところに中国製品が映し出され、中国政府に配慮したセリフも登場するようです。
『トランスフォーマー/ロストエイジ』で顕著になった、ハリウッドの中国依存。
その中国依存がハリウッドにもたらす異変について、映画評論家の町山智浩さんにお話を伺います。
(2014/8/4 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ