DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

木曜日
伊藤洋一さんとお送りする今夜の特集は、『クールジャパンよりクラシックジャパン?海外に通用する日本の文化力とは』。
今、海外でファッションアイテムとして、「ランドセル」が人気になっていると言います。火付け役はハリウッド女優のズーイー・デシャネルで、そもそものきっかけは日本のアニメに登場するランドセルにあるのだとか。
日本が海外に誇れる文化、アニメなどのクールジャパンだけではありません。
世界に見落とされている伝統的な文化「クラシックジャパン」の可能性を探ります。
(2014/10/27 UPDATE)
木曜日
10月7日から11日に開催された最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2014」。ここに出展され話題となったのが、巨大ロボットに乗ったような気分になれる動作拡大型スーツ「スケルトニクス」だ。

高さ2・8メートル、骨格むき出しの二足ロボット「スケルトニクス」。体をベルトで固定した操縦士が歩いたり腕を振り上げたりすると、ロボットは下半身で1・5倍、上半身は2倍の幅で人の動きを再現。
実用性が薄く、ビジネスになりづらいといわれる人型ロボット。しかもスケルト二クスは娯楽に特化しています。
それをどうやってビジネスとして成立させていくのか、その展望とは。
(2014/10/20 UPDATE)
木曜日
先月話題となったiPhone 6。賛否両論ありますが、新機能やデザインを、アップル創業者スティーブ・ジョブズが生きていたらどう評価したでしょうか。

最近ではノーベル賞受賞者たちの言葉「好きだから続けた」「狂ったように集中」なども話題です。異能の人たちには何があるのでしょうか。

日本では、協調が良しとされ、出る杭は育ちにくい風土もあるといいます。
なぜ育ちにくいのか・・組織論から考えます。

※特集を変更しました。予定していた「DeNA、スタートアップ企業買収にみる『オープン・イノベーション』の必要性」は来週月曜日(10/20)にお送りいたします。
(2014/10/13 UPDATE)
木曜日
国内の大手企業で人事評価制度の見直しが広がっている。
日立製作所は26日、国内の課長以上の管理職を対象に、10月から賃金体系を改めると発表した。年齢や勤続年数に応じて、役職や給与を自動的に引き上げる「年功序列」を廃止し、担う職務や仕事の成果に応じて給与を支給する「成果主義」に切り替えます。
富士通、日産自動車は管理職の社員について年功序列を廃止したほか、ソニーやパナソニックも2015年度からの廃止を検討しているといいます。
日立だけでなく、富士通やソニー、パナソニックも検討している、年功序列の廃止。廃止することにより、どのような影響が生じるのか考えます。
(2014/10/6 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ