DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

火曜日
WEDGEからの特集。
移民問題、排斥意識、イスラム主流派も手を焼く原理主義。
構造的、感情的な問題が複雑に交差する西欧とイスラム。
識者への取材からみえた問題点について大江編集長に伺います。
(2015/2/23 UPDATE)
火曜日
首脳会談は行われたものの、改善の気配がない日中関係。
歴史的に見て、日本は中国と距離を取るのが良いと語る、拓殖大学の石平客員教授にお話を伺います。
(2015/2/16 UPDATE)
火曜日
「コンパクトシティ富山市は自滅するか否か」というまとめが話題となっています。
「コンパクトシティ構想」とは“鉄軌道をはじめとする公共交通を活性化させ、その沿線に居住、商業、業務、文化等の諸機能を中央に集積させた都市”のことで、先行事例として有名なのは、富山市や青森市、あるいは岐阜市といった県庁所在地を持つ自治体が挙げられます。
そしてこれら先行事例のうち、注目されているのが「富山市」のコンパクトシティ構想。
「富山市がコンパクトシティ構想を強力に推進したために、他の市に買物客が流出してしまっている」というのがその理由。
政府の地方創生のスローガンの下、注目を集める「コンパクトシティ構想」。
先行事例である富山市は上手くいっていないようだが、その背景にある問題とは?
(2015/2/9 UPDATE)
火曜日
イスラム国により拘束された人質の殺害予告事件が行われ、連日メディアで報じられている中、日本人のツイッターユーザーが、イスラム国の関係者と思われるツイッター利用者のアカウントに対して行った「ISISクソコラグランプリ」という『攻撃』が話題となっています。
「クソコラ」というのは、糞みたいなコラージュ作品の略。
日本人のツイッター利用者が、人質2人と黒づくめのテロリストの顔などを入れ替えたり、別の画像と入れ替えたりするなどして加工し、イスラム国関係者の思われる利用者に送り付け、それが「#ISISクソコラグランプリ」と題して、ツイッター上でイスラム国と思われるアカウントなどが炎上しているのです。
日本では「不謹慎」という声がある一方で、海外メディアは「カウンタープロパガンダ」としての効果があると肯定的。
耳馴染みのない「カウンタープロパガンダ」という言葉とともにその意味を考えます。
(2015/2/2 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ