DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

火曜日
これからの日本の行方に大きな影響を与える問題。
安保関連法案やTPP、この2つは一応の決着が着いたことになりますが、ここまでに国民の不在を感じた人は少なくなかったはず。
さらに、維新の党の分裂騒ぎ、臨時国会召集をめぐる与野党の攻防、ここにも政治に対する不信を感じている人も多いのではないでしょうか。

そんな政治に、私たち国民がその存在を主張する手段のひとつに“選挙”があります。
“選挙”というと、支持する議員に一票を投じ、未来を託すというのが一般的ですが当選させるためではなく、落選させるための活動を展開しようという動きがあります。
これを落選運動といいますが、この運動にはどのような効果があるのでしょうか。
情報セキュリティ大学院大学の湯淺墾道教授にお話を伺います。
(2015/10/26 UPDATE)
火曜日
未婚でも妻でも母でも、“働くイイ女”でありたい…。そんな「女の人生のスクランブル交差点」にさしかかった35歳はしばしばアイデンティティ・クライシスに陥るといいます。
その名も”私らしさクライシス”。”私らしさクライシス”の実態に迫ります。
(2015/10/19 UPDATE)
火曜日
10月4日に愛知県小牧市で投開票されたレンタル大手「TSUTAYA」と連携した市立図書館建設計画に対する住民投票の結果、反対多数を占めました。同市の
「TSUTAYA図書館」は計画の見直しを迫られることになりました。
「TSUTAYA図書館」は、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者となる公立図書館の通称。2013年4月にリニューアルした「武雄市図書館・歴史資料館」を皮切りに、2015年4月からは神奈川県の海老名市立中央図書館も、CCCが指定管理者になりましたが、蔵書の選定など多くの問題が浮上。
一連の騒動から見えてくる、未来の図書館のあるべき姿とは?
(2015/10/12 UPDATE)
火曜日
北米で販売されているフォルクスワーゲンの一部ディーゼルエンジン搭載車から、
走行中に基準を大幅に上まわるNOx(窒素酸化物)が排出されていることが明らかになりました。
フォルクスワーゲンは当時、苦戦していたアメリカ市場での販売を伸ばすため、価格を低く抑えながらアメリカの厳しい排ガス基準を満たすディーゼル車の開発を迫られていて、排ガスの浄化装置の設置はコストがかかりすぎることから不正ソフトの使用を決めたといいます。
ディーゼルエンジンで今何が起こっているでしょうか。
(2015/10/5 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ