DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

木曜日
10月京都府警に詐欺と商標法違反で逮捕された松永かなえ容疑者(26才)。
彼女が「ばびろんまつこ」と称してツイッターに綴ったセレブ生活が話題になっています。
自称「ハイパーエリートニート」。自己申告の年収は3000万円。しかし、逮捕容疑はカルティエの偽ブレスレットをネットオークションで本物として65万円で販売したというもの。
ツイッターにはセレブ生活や勝ち組の恋愛観をひけらかす「キラキラ女子」「キラキラアカウント」が多数、存在します。有名ホテルやブランド品の写真など、セレブツイートをしては憧れの的となる「キラキラアカウント」の代表格でした。
時として炎上してしまうキラキラ女子たちは、多数のフォロワーを有するといいますがなぜなのか。キラキラ女子がフォローされる理由とは?
(2015/11/30 UPDATE)
木曜日
一昨日、北アフリカのチュニジアで大統領警護隊が乗ったバスが爆発し、隊員など少なくとも12人が死亡。チュニジア内務省はテロと断定し、全土に非常事態宣言を発令しました。
「非常事態宣言」といえば、もちろんフランスでも発令。
治安当局が令状なしで家宅捜索に踏み込むなどの対応が可能なのは、緊急事態に対応するための「国家緊急権」が、憲法や法律に設けられているからだといいます。

しかし日本の憲法には同様の規定は存在せず、一部の個別法には緊急事態の規定があるものの、権限は極めて限定的だといいます。
テロの連鎖が続く中、リスクが他国より低い日本に国家非常事態宣言は必要ないのか?
日本大学教授の福田充さんにお話をうかがいます。
(予定していた内容を変更してお届けします)
(2015/11/23 UPDATE)
木曜日
日本を揺るがした傾斜マンション問題。その余波は日本各地に広がりました。
今回の騒動を機に、家を買うということに不安を抱いた人も多いはずです。

30年で建て替えることが当たり前という日本で、家を購入するポイントとは。資産価値の高い家を作るには?

現在の日本の住宅業界の構造と共に、これからの「家」について考えます。
(2015/11/16 UPDATE)
木曜日
新聞の記事をきっかけに、ネット上で「本が売れないのは図書館のせいなのか?」という議論が巻き起こっています。
きっかけとなったのは、10月29日付の朝日新聞の記事『本が売れぬのは図書館のせい? 新刊貸し出し「待った」』。
10月半ば、都内で開かれた全国図書館大会で、本が売れない原因の一つが「図書館の貸出」との発言がありました。著者と版元が合意した新刊の「貸し出しの1年猶予」を求める文書を、11月にも図書館側に送る予定だと報じています。
図書館で新刊貸出をする意味とは?
(2015/11/9 UPDATE)
木曜日
講談社の月刊漫画誌「モーニング・ツー」が、12号(22日発売)に掲載予定だった東村アキコさんの漫画「ヒモザイル」を、作者の申し入れで休載。家で家事をこなす男性を、女性に金銭を貢がせる「ヒモ」と呼ぶ内容に、ツイッターを中心に批判が寄せられました。
炎上に過敏になりすぎた社会。ヒモザイル休載騒動が意味するものとは?
(2015/11/2 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ