DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

水曜日
経済学者の野口悠紀雄氏が「日本の経済システムは1940年体制をいまだに引きずっており、それが過去20年の停滞の原因にもなっている」と指摘する内容がここ最近のメディアで取り上げられています。1940年体制とは一体何なのか?
(2015/12/28 UPDATE)
水曜日
「ふるさと納税」が話題になっています。そもそも「ふるさと納税」は、地方で生まれ育った人や都市部に住む人が、都市部にいながらふるさとに納税をすることで、地方を応援することになるという税制優遇策。
一方で、地方自治体が「ふるさと納税」を獲得するため、高額の返礼品競争が発生しており、税制としての本質からかけ離れた実情に総務省が警告を出しているという現状も。
ふるさと納税の負の影響を考えます。
(2015/12/21 UPDATE)
水曜日
パリの同時多発テロの直後から、各国首脳が口々に「テロとの戦い」を宣言。
事件の後すぐ、フランスはシリア国内の過激派組織「イスラム国」(IS)の拠点を空爆、3日にはイギリスがシリア領内の過激派組織「IS」に対する空爆を開始しました。
各国の首脳が宣言し、実行に移している「テロとの戦い」。その先には何があるのだろうか。
(2015/12/14 UPDATE)
水曜日
評価額が10億ドル(約1200億円)以上で上場していないベンチャー企業、「ユニコーン企業」に今、注目が集まっています。
ユニコーン企業は、額に一本の角が生えた馬に似た伝説の生き物「ユニコーン」のように滅多にお目にかかることがなく、投資家にとって巨額の利益をもたらす可能性のある夢のような企業のこと。今年10月時点で世界に141社あります。
一方、日本に目を向けるとユニコーン企業は存在しません。
なぜ、日本ではユニコーン企業が生まれないのか?その背景にあるものとは?
(2015/12/7 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ