DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

火曜日
65歳以上の低所得年金受給者に1人あたり3万円支給する臨時給付金を盛り込んだ平成27年度補正予算が成立しました。
これには、高齢者優遇のばらまきだとする声があります。
そのようななか、現在発売中のWedgeでは『「下流老人」のウソ』という特集が組まれ、記事によると高齢者の貧困は改善傾向にあり、むしろ現役世代の方が悪化していると指摘しています。
老後リスク本のヒットが与えた影響や世代別でみた貧困の現状、年金制度の今後と未来について、Wedge編集長大江紀洋さんに伺います。
(2016/1/25 UPDATE)
火曜日
国が地方創生の一環として検討している「政府関係機関の地方移転」。
首都圏の一極集中を是正するための目玉政策で、年始から早速動きがあり、河野太郎消費者担当大臣は今月8日、国民生活センターの業務の一部を4月から徳島県で試験的に実施する意向を示しました。
一方、埼玉県や県内の立地自治体からは移転した場合の影響が大きいため、反対の声が相次いでいます。
政府が進める「政府関係機関の地方移転」。地方創生に効果があるのでしょうか?
(2016/1/18 UPDATE)
火曜日
関連書籍がベストセラーになるなど、今再び、田中角栄に脚光が当たっています。
『田中角栄 100の言葉』『田中角栄という生き方』『田中角栄の一生』(※3冊とも宝島社)はベストセラーになり、あわせて48万部を突破。とくに『田中角栄 100の言葉』は26万部で、宝島社によると「政治家本としては今年もっとも売れている1冊」
田中角栄が度々注目を集める背景には何があるのか考えます。
(2016/1/11 UPDATE)
火曜日
グーグルの創業者ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンや、「ムーアの法則」のゴードン・ムーアなども受賞した「World Technology Award」。
2015年のITハードウェア部門個人に選出されたのは、筑波大学助教の落合陽一氏でした。そんな落合陽一氏の著書が「魔法の世紀」が話題を呼んでいます。
同著では、人間とコンピュータがとけ合う世界「デジタルネイチャー」のビジョンを描き、メディアとしてのコンピュータ「映像の世紀」の後に、見えないテクノロジー(魔術)としてのコンピュータ「魔法の世紀」への転換を提唱。
「魔法の世紀」によって変わるものとは?
(2016/1/4 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ