DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

月曜日

ある会社が行ったAI採用選考が明らかにした人間の欲求とは?
(2018/2/19 UPDATE)
月曜日
国際社会から厳しい経済制裁をうける中、なぜ北朝鮮は核兵器やアメリカにまで届くミサイルを開発できるのか。国連安保理 北朝鮮制裁委員会 専門家パネル元委員の古川勝久氏にお話を伺います。
(2018/2/12 UPDATE)
月曜日

インターネットを究極の管理ツールにしようとしている中国が目指すものとは?
(2018/2/5 UPDATE)
番組スタッフ
あさって・1日の夜、東京など関東南部でまた雪が降るという予報が出ています。

東京は8日連続冬日=2月1日に降雪も−気象庁(「時事通信社」2018/1/29)
2月1日 東京はじめ太平洋側 雪予想(「tenki.jp」2018/1/29)

現時点の予報では、積もるほどの雪になるかは微妙なところなのですが、低気圧の進路や発達の度合いなどによっては、東京都心も雪が積もって交通機関が乱れることも考えられるようです。

雪と言えばすぐに思い出すのが、1月22日、東京都心で23センチの積雪を記録した大雪。
この日はJRや私鉄で遅延や入場制限がかかり、都心の多くの駅で人があふれるなど、夕方の帰宅ラッシュの鉄道は大きく混乱しました。

私はこの日、いつもより早く仕事を終え、17時半ごろには京浜東北線のホームに着いたのですが、時すでに遅し。
電車内は会社からの帰宅命令によって、いつもより早く帰宅する会社員で超満員の状態。
ホームも電車を待つ人で長蛇の列ができていました。
結局、電車に乗るまでに30分以上かかり、電車に乗ってからも途中停車が続いたことで最寄り駅に着いたのは電車に乗ってから40分後。
通常であれば15分で最寄り駅に着くことを考えると、イラつきは相当なものでした。

それからというもの、雪で電車が止まったり遅延したりする理由を探し続けていたのですが、先日、腑に落ちる理由をようやく見つけました。

ひとつは、千葉県の房総半島南部を走る「いすみ鉄道」の鳥塚亮社長は自身のブログ。
雪が降ると東京の電車が止まる理由は「雪に備える設備がないから」。
*****
その理由はたった1つです。「準備ができていないから。」
つまり、雪に備える設備がないからです。
雪国であれば、雪が降っても大丈夫なようにいろいろな設備が整っていますが、では、どうして東京には設備が整っていないのかというと、その理由もたった1つ。
「めったに雪など降らないから」です。
<なぜ雪が降ると電車が止まるのか。(「いすみ鉄道 社長ブログ」2018/1/24)>
*****

そのうえで、雪に備える設備がないことが引き起こす事態を以下のように説明しています。
*****
では、設備投資をしなければどうなるかというと、雪に弱い鉄道になりますから、当然いつも通りのオペレーションができなくなるという前提で物事を考えるようになる。
だとすると、列車の本数を減らして間引き運転を行いますから、当然お客様が混乱する。
列車の本数が減れば、お客様がホームにたまりますから乗降に時間がかかるようになる。乗降に時間がかかれば列車が遅れる。列車が遅れればさらにホームにお客様が増える。
そうなると駅の改札口を締切にしてホームにすらいかれない状態になる。でもって振替乗車が始まる。
そうなると、いつも通りちゃんと電車を動かそうと努力している鉄道会社にお客様が流れて行って、まるでとばっちりを受けたかのように他の路線まで混乱が始まる。
こういうことが、今回の大雪で発生したんでしょう。
<なぜ雪が降ると電車が止まるのか。(「いすみ鉄道 社長ブログ」2018/1/24)>
*****

理由には納得がいったとはいえ、今のままではまた雪が降ったら、22日と同じような混乱が起こるのは確実であり、気がかりです。
めったに雪が降らない東京で設備投資を期待するのは難しい中、どのような対応が考えられるのでしょうか。

私が同意できたのは、交通のコンサルティング会社「株式会社ライトレール」の阿部等社長による「増発すべきだ」という主張。
*****
極論を言えば、むしろ増発すべきだ。
大雪時は、ブレーキ始動点を早くせざるをえないため走行時間が伸びる。ホームで待つ乗客は足元がすべって乗降に手間取り停車時間が伸びることもある。
山手線の例で言うと、本来なら1周65分のところ68分になるなら、駅間停車を避けるため間引き運転をしているわけだが、20本の在線を逆に21本に増やすことで通常と同じ輸送力を実現できる。
また今回は、14時30分に大雪警報が発令されたのを機に早め帰宅が大量に発生したので、より積極的に増発すべきだった。
それには、夕方ラッシュに合わせた勤務開始の乗務員に2時間前くらいに出勤してもらい、通常は16時30分頃から出庫が始まるのを2時間くらい繰り上げればよい。
それをスムーズに実行できるよう、運行管理システムの機能向上も望まれる。
<「東洋経済オンライン」2018/1/23>
*****

あさって・1日の夜、積雪するほどの雪が降ったら、電車は止まるのか。
鉄道各社の対応に注目です。

(スタッフH)
(2018/1/30 UPDATE)
月曜日
AIなど技術革新によって「報道の機械化」が進んでいます。
ニュースの産業革命は起こるのか?
(2018/1/29 UPDATE)
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 67 | 68 | 69 || Next»

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ