DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

月曜日
現在首都直下の地震で予測されている被害想定の中で
「火災」による被害の想定値が「火災は甚大な被害を及ぼす」と言われるのに比して
低いのでは、という指摘があります。
なんと被害想定の専門委員の中に、火災のメカニズムの分かる専門委員が不在という事実。
311以後各所で見直されている地域防災計画については、この被害想定が基になるわけですが、最も甚大な被害を及ぼすとされている首都圏の地震火災について
想定が脆弱であれば対策もできず・・。

想定は想定に過ぎませんが、原発事故の「想定」もまさかここまで起こらないで
あろうことを「想定外」に考え、まさにそれが起こってしまったわけです。
その点を指摘している専門家をゲストに現状を伺い、
今やるべきこと、減災も含め一考します。
(2012/9/3 UPDATE)
月曜日
6月に発表された2012年版「子ども・若者白書」。これによると、収入や老後の年金に不安を抱く若者が80%を超えることが分かりました。厳しい雇用情勢や低賃金が続き若者が明るい展望を持てない実態が浮き彫りとなっています。
震災からの復興が叫ばれる今日、ありうべき日本の未来を探るため、
この時代の「希望」と「絶望」を問い直す本書。
今もっとも注目される新世代の論客二人による迫真の対話。
今とこれからを生きる私たちの希望はどこにあるのでしょうか?
(2012/8/27 UPDATE)
月曜日
20日からの2週間、「タイムライン選書〜クールリーディングの薦め」と題して、知的空間の扉を開くための様々な本を紹介していきます。今、目の前に起きている現象、抱えている問題、目まぐるしく変化するニュースに向き合うときに、必要なのは「知の力」。思想や哲学、歴史書、芸術・文芸、古今東西の名著を出演者とともに読み解いていきます。

まずタイムラインがセレクトしたのは小熊英二の「1968」。
若者達の叛乱とその背景を描いた本作から見えてくる、自分たちのいる場所とは・・・2012年夏のデモの意味は?
(2012/8/20 UPDATE)
月曜日
「介護鬱」や「介護離職」、そして「老老介護」・・・
現在、1000万人以上の人々が携わっている「介護」には様々な問題があります。
すでに50万人以上が介護を理由に離職しており、その大半が女性なのだか。
また老老介護で疲弊する高齢者は年々増加、介護が原因で高齢者が被害に遭った
殺人事件は、昨年は49件と、調査を始めた98年(24件)の2倍に上りました。
このうち3分の2にあたる32件は加害者、被害者とも60歳以上…。

8月11日からシネスイッチ銀座で公開される精神科医・和田秀樹さん2作目となる映画、
『「わたし」の人生(みち)』は、和田監督自らの介護体験が反映されています。
日本の介護社会における問題点とは何か?
家族とその周辺の人々のリアルな苦悩、どういった支援が必要なのか?
他の介護美談の映画とは違う和田監督の作品を通して、
「これからの介護」のあり方を考えます。
(2012/8/13 UPDATE)
月曜日
アメリカ政府が10月から、沖縄県宜野湾市の普天間飛行場での運用を計画しているオスプレイ12機が、一時駐機のため山口県の岩国基地に陸揚げされました。
オスプレイをめぐっては、事故が多発していることから「安全性」という観点でのみ、議論が繰り返されています。
しかし、オスプレイについて議論すべきは、「安全性」だけなのでしょうか?
今、本当に議論すべきことは安全性なのか、それとも・・・
(2012/8/6 UPDATE)
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 60 | 61 | 62 |...| 69 | 70 | 71 || Next»

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ