DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

水曜日
2011年3月11日、未曾有の大災害が東日本を襲い、さらに、原発事故がその被害をさらに拡大させてしまいました。

政府が繰り返してきた「ただちに影響はない」という言葉。この言葉に疑念を抱く者、そして思考停止に陥り、信じ切ってしまう者。
私たちは果たして、未来の日本を正しく想像することが出来るのでしょうか。
現実から目を逸らしてはいないでしょうか。

そのヒントが、チェルノブイリにあります。
25年前の悲劇から見る、これからの日本の姿とは?
(2011/12/19 UPDATE)
水曜日
今年下半期のニュースは『内部告発』だらけでした。
大王製紙の井川前会長が100億円を借り入れ、カジノで使ったという事件も、事態が表面化したのは内部告発がきっかけ。巨人のお家騒動も、ことの発端は清武氏による内部告発…。
そして、巨額損失隠しが明らかにされた「オリンパス・ショック」。
『内部告発』すれば、私たちは本当に幸せになれるか…。
現役オリンパス社員をお招きして、内部告発者は守られるべき、とした「公益通報者保護法」の問題点を考えます。
(2011/12/12 UPDATE)
水曜日
大王製紙の事件で、逆風にありながら、民主党は先月25日、日本へのカジノの導入について検討するため「統合型リゾート・カジノ検討ワーキングチーム」の初会合を開催。
このワーキングチームは、民間事業者がカジノを運営する場合、競馬などと同様、賭博罪の適用除外にすべきかどうか検討するというものです。果たして、カジノは日本経済を活性化させるのか?それとも・・・ 賛成派・反対派の意見を交えつつ、カジノ解禁の是非を分析。
(2011/12/5 UPDATE)
水曜日
先日、オウム事件で13人目の死刑確定者が出ました。
そんな中、世界各国の宗教団体はITを布教戦略の一つとして取り入れています。
カトリックの総本山・バチカンは、fecebookなどのSNSと連動し、youtubeなどを通して、法王の演説を世界中で聞くことができるそうです。
一方、日本の宗教はネットと相性が悪いと言われていますが、元オウム真理教幹部で、現在「ひかりの輪」代表の上祐史浩氏はオウムという十字架を背負い、自由に布教ができないため、あらゆるSNSを駆使して積極的に最新情報や教えをアピールしています。
震災後、宗教の力が支援力となっているといいますが、誰とでもつながることができるSNS時代の宗教のあり方を考えます。
(2011/11/28 UPDATE)
水曜日
ジャーナリストの津田大介氏が先日、2ちゃんねるで「2ちゃんにはまだジャーナリズムの可能性はあって、2ちゃんのあら探し能力を政治資金規正法とかのチェックとかに使って、それをマスコミが使うことで結構いいジャーナリズムが実現できると思う」と書き込み。
あら探しにより誰かの人生を崩壊させうる2ちゃんねるの『猛毒性』は、日本のジャーナリズムの一翼を担う『良薬』となるのか、考察します。
(2011/11/21 UPDATE)
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 62 | 63 | 64 | 65 | 66 || Next»

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ