DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

木曜日
SP企画最終日の日のテーマは「エネルギー問題」。
NPO法人環境エネルギー政策研究所所長・飯田哲也氏と、
電力供給契約のほとんどを東京電力から民間に切り替えた、
城南信用金庫の吉原毅理事長にお話をうかがいます。
(2012/3/12 UPDATE)
木曜日
ご出演いただくのは、京都大学原子炉実験所助教・小出裕章氏と、
東大医科学研究所特任教授の上昌広(かみ・まさひろ)氏。
小出氏にうかがう“不都合な真実”は、もちろん「福島第一原発の現在と未来」について。
被災地で診療を続ける医師、上氏にはチェルノブイリと比較した、
“除染よりも先にやらなければならないこと”についてうかがいます。
(2012/3/5 UPDATE)
木曜日
野田政権が復興庁の発足を機に、宮城、岩手両県で発生した
震災がれきの広域処理キャンペーンを一段と強力に推進し始めました。

野田総理は、がれきについて「安全ながれきを全国で分かち合って処理する広域処理が
不可欠だ」と話しています。
旗振り役の環境省は「がれきは安全」「復興の足かせになっている」と受け入れを
迫っているが、がれきは本当に安全で、なおかつ復興の足かせになっているのでしょうか?
専門家の中には「被災地に何度も足を運んでいるが『瓦礫があるから復興が進まない』という話は
聞かない」という意見もあります。
賛否分かれる「がれき受け入れ問題」、
果たして「被災地支援」となるのか、それとも「放射能汚染物の拡散」か…、
細野豪志・原発担当大臣に現状をうかがいます。


※予定しておりました「『強いリーダー』不要論」は後日改めて放送いたします。ご了承下さい。
(2012/2/27 UPDATE)
木曜日
「繁栄と都市化が大衆社会化状況を出現させ、それが大衆の判断や思考力を衰弱させた」というのが社会心理における「日本の自殺」の指摘。
豊かさ、情報化、都市化、大衆化、平等化、自由を追い求めた戦後の日本は、新しい代償を伴いつつ発展し巨大化したでしょうのか?

今の日本社会は「自己決定能力」を喪失してしまったのか、考察します。
(2012/2/20 UPDATE)
木曜日
韓国の憲法裁判所は昨年12月29日、フェイスブックやツイッターなどインターネットのSNSの選挙応援を規制するのは違憲との決定を出しました。
これにより、韓国ではSNSを使った選挙運動や候補者の応援が自由にできることとなり、候補者や支援者らがウェブサイトやブログ、SNSで支援を訴えたり、別の候補を批判したりできます。また、今年の総選挙や大統領選でSNSが活用できるようになるのだといいます。

SNSを使った選挙運動は日本においても政局を左右するほどの影響力を持つのか検証します。
(2012/2/13 UPDATE)
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 62 | 63 | 64 |...| 66 | 67 | 68 || Next»

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ