• 「まえがき」にはNEWSがある。仕事に効く話題のビジネス書、心の目を養う古典まで「まえがき」にはその本のエッセンスが詰まっている。              時代性、社会性を 紐解く序章・・。話題の本の、「まえがき」を素材にひと手間ふた手間かけてティスティング!TIME LINE まえがきレビュー

【まえがきは謳う】「公益」資本主義 英米型資本主義の終焉/ 原丈人(著)

政府が金融政策や景気対策を打ち出しているものの、日本経済は停滞を続け、処方箋も見当たらないのが現状。 なぜなのか…。本書の著者によると、現在の金融政策や景気対策では対策として不十分であり、企業経営についての考え方そのものを変えなければならないのだといいます。 変えなければならないのは「会社は株主の...…続きを読む

【まえがきは謳う】茶碗と日本人 / 吉良 文男 (著)

世界に3点しか現存しないとされる「曜変天目茶碗」が新たに見つかったとテレビ東京の番組で放送され、真贋論争が勃発しています。 古来より、日本人はなぜここまで「茶碗」が好きなのでしょうか 「やきもの」から「日本人」を論じる本書。 茶碗の名前とはどのようにして付けられるのでしょうか。 「日本の抹茶茶碗を...…続きを読む

【まえがきは謳う】ビートたけしと北野武/ 近藤正高(著)

ビートたけしさんはご存知のように、「ビートたけし」と「北野武」という2つの名前を使い分けています。 「ビートたけし」はタレントや俳優・文筆業、「北野武」は映画監督。 これが共通認識ですが、細かく見ていくと使い分けは単純ではなく、ビートたけし名義で監督した映画(みんな〜やってるか!)、北野武名義の...…続きを読む

【まえがきは謳う】原点 戦争を描く、人間を描く/ 安彦 良和 (著),斉藤 光政 (著)

およそ40年の長きにわたって愛される、機動戦士ガンダム。その生みの親の一人が漫画家・安彦良和氏。 ベビーブーム世代の安彦氏は戦後日本の転換点をどのように見たのか。 ガンダムに携わったのち、歴史漫画を描きあげた安彦氏だからこそ語ることのできる、日本における天皇制などの歴史観は重厚そのもの。 漫画...…続きを読む

【まえがきは謳う】バッドエンドの誘惑 なぜ人は厭な映画を観たいと思うのか/ 真魚八重子(著)

「怖いモノ見たさ」という言葉がありますが、後味の悪い映画にはある種の中毒性を感じます。イヤな気持ちにさせられても、なぜかまた見たくなるから不思議です。 本書は、この後味の悪い映画のラスト、“バッドエンド”を「タイミングの悪さ」「先の見えない絶望」「イヤな女の顛末」などと独自に分類し、そこから人生の...…続きを読む
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 423 | 424 | 425 || Next»

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ