書考空間


一生モノの副業 この1冊でわかる大学講師のなり方
石川 和男 (著), 千葉 善春 (著)
税込価格:1,728円
出版社:左右社
ISBN:978-4-86528-147-7

本を購入

あなたは大学講師と聞いてどんなイメージを抱くだろうか。難解な論文を幾度も提出し、且つその中から選ばれた人間、ともかく自分の生活とは無縁である、そんな風に思っているのではないだろうか。
確かに私もこの本に出会うまで、著者の千葉先生にお話を伺うまではそう思っていた。勿論『教授』や『准教授』などの先生方は、前述の通りでそう間違いはないのだろう。だがここでとりあげられているのは『講師』だ。
意外にも、日常民間企業に勤務している方々が登壇しているケースが多く、その理由として現在、大学では『実学』が求められていることがあげられている。
大学によって応募要項や採用基準は違うものの、求められている要件に合致すれば、それほど狭き門では無いのだという。あなたが士業やコンサルタント、セミナー講師であればその専門知識を、そうでなくても、例えばあなたが株が得意であれば、投資のノウハウをレクチャーすれば良いし、営業一筋で生きて来た方ならば、営業とは何か、これから社会に出て活躍する大学生には非常に興味深い講義になるだろう。
そうすることで、今まで気がつかなかった自分の高い専門知識を若い世代へと伝え、社会貢献と共に、本業では大学講師の肩書きがつくことにより、一層の信頼を勝ち得ることができるだろう。世の中は普段あなたが当たり前にやっている『実学』を求めている。次はあなたの出番かもしれない。


(評者:丸善丸の内本店 ビジネス書担当 松本直亮)


(2016/6/2 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ