書考空間



お笑い総選挙
藤堂 勁 (著)
税込価格:1,400円
出版社:飛鳥新社
ISBN:978-4-86410-474-6


本を購入


選挙の舞台裏をウリにした本は数多あり、これまでもいくつか手に取ったことはあるのですが、本書が明かす舞台裏はとくにえげつない。
著者はある衆議院議員に仕えている現役の政策担当秘書。
かつて地方選挙で選対本部長を務め、都議会議員選挙に立候補した経験も持って
いるため、秘書、立候補者、国政選挙、地方選挙と目線がバラエティに富んでい
るのに加え、著者名はペンネームで「ペンネームを条件」に執筆を快諾しただけあり、舞台裏を明かす覚悟も生半可ではない。
その覚悟が反映されてか、明かす舞台裏も『「議員を減らす」「報酬を減らす」と叫ぶ候補者は、たいてい裏切る』『薄毛の候補者は当選確率76%でも勝つのは難しい』『参議院全国区では、苗字が“あ行”の候補者は断然有利』『東京都議選で「無所属」候補が勝った例はほとんどない』『敏腕選挙プランナーは勝てる戦しか請け負わない』とえげつないものばかり。
ただえげつないだけで終わらず、えげつない話で興味をひきながら選挙のおかしさにもちゃんと気づかせてくれる、来月の参院選前に必読の一冊です。

(評者:スタッフH)
(2016/6/1 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ