• 「まえがき」にはNEWSがある。仕事に効く話題のビジネス書、心の目を養う古典まで「まえがき」にはその本のエッセンスが詰まっている。              時代性、社会性を 紐解く序章・・。話題の本の、「まえがき」を素材にひと手間ふた手間かけてティスティング!TIME LINE まえがきレビュー

【まえがきは謳う】ブラックホールをのぞいてみたら / 大須賀 健 (著)

少々、宇宙に興味ある人なら、漫画、アニメ、ゲームに夢中になったことがある人なら誰もが一度は「ブラックホール」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 私も天文に興味はそれほどないのですが、それでもゲーム等を通じて「ブラックホール」という言葉を知っています。しかし、それが何なのかは理解し...…続きを読む

【まえがきは謳う】心とカラダがやすまる暮らし図鑑(著:川上ユキ)

大人になって夏が苦手になりました。子供のころなぜあんなに夏を楽しめていたのか、今となっては思い出せないくらいです。外は高温多湿、屋内は冷房で冷え冷え、ライフはもうゼロ間近です。 こうなってくるとおうちでの休息、そして睡眠がとても重要になってきます。何とかしたい…そんなときに手に取っていただきたいの...…続きを読む

【まえがきは謳う】「東京Deep案内」が選ぶ首都圏住みたくない街(著:逢阪まさよし+DEEP案内編集部)

地方都市に生まれ育った私にとって、東京・首都圏というのは子供の頃は憧れの地でした。まだ情報の少ない時代でしたから、TVやラジオから流れる街並みやビル群に胸躍らせるというのはごく普通の事でした。 そんな私も大人になり、今では一端に首都圏の片隅に住む身となって早数十年。それでも、どこか東京という名前に...…続きを読む

【まえがきは謳う】仕事が冴える「眠活法」(著:中村 真樹)

「眠れない」「眠りが浅い」「疲れが残る」。このような状態が慢性的に続いても、当然もしくはやむを得ないと考えられる節が何故かある。はたまた「睡眠時間を削って仕事に邁進している」などと誇りのように思う風潮もあり、いったい何がそう思わせるのか、首を傾げるばかりである。かく言う自分自身も上記のような思考...…続きを読む

【まえがきは謳う】男が痴漢になる理由 / 斉藤章佳 (著)

今年3月以降に相次いだ、電車内で痴漢を疑われ、ホームから線路に飛び降りて逃げるケース。このとき、痴漢に関する専門書を探したのですが、見つからなかったのを覚えています。 待ちに待ったと言いましょうか、ここにきてようやく出版されたのが本書で、著者は、これまで12年間に渡って1000人を超える性犯罪者と向き合...…続きを読む
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 454 | 455 | 456 || Next»

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ