• 「まえがき」にはNEWSがある。仕事に効く話題のビジネス書、心の目を養う古典まで「まえがき」にはその本のエッセンスが詰まっている。              時代性、社会性を 紐解く序章・・。話題の本の、「まえがき」を素材にひと手間ふた手間かけてティスティング!TIME LINE まえがきレビュー

【まえがきは謳う】日本はなぜ、負ける戦争に突っ込んだのか 封印された現代史―昭和天皇の秘密計画 /柘植 喬介 (著) 成甲書房

平成も1年と数ヶ月で終わる。新たな元号に変わっても「戦後」は続くのだろうか。その「戦後」を呼ぶことになった、日本が挑んだ数々の戦争。 十五年にもわたった昭和の戦争──。 日本はなぜ、敗北が決定的な対米英蘭戦に突っ込んでいったのか? 日本の敗戦で「得」をする国は、人は、どこで、誰だったのか?…続きを読む

【まえがきは謳う】国のない男 (中公文庫)カート・ヴォネガット (著),金原瑞人 (訳)

本書の「国のない男」というタイトルの国とは著者の祖国・アメリカのこと。アメリカという国を絶望視し、見限った著者は現代社会の病理を痛烈に批判していくエッセイです。 アメリカを代表するSF作家だった著者がこの世を去ってから10年。 10年前の当時と比べると、今は良い時代なのでしょうか。そうは思えません...…続きを読む

【まえがきは謳う】こわいもの知らずの病理学講義 / 仲野徹 (著)

タイトルにある「病理学」というのは聞きなれない言葉です。どうやら、病気はどうしてできてくるのか、それを突き詰めた学問で、本書はそれをできるだけ優しい言葉で解説してくれています。 細胞、組織、臓器、血液といった基本中の基本から、がん、老化、死にまで話は至り、印象深いのは、がんに関する指摘。 「がん...…続きを読む

【まえがきは謳う】結論は出さなくていい / 丸山俊一 (著)

「正解のない時代」と言われて久しいが、本書はそんな時代を生きていくためのヒントを提示するものです。 著者は『ニッポンのジレンマ』『英語でしゃべらナイト』『爆笑問題のニッポンの教養』といった異色の番組を手がけてきたNHKのプロデューサー。 こうした番組の制作を経ての気づきとして、自分の心、意識、無意識...…続きを読む

【まえがきは謳う】アリスマ王の愛した魔物 (ハヤカワ文庫 JA) 小川 一水 (著)

森羅万象を計算し尽くす夢に取り憑かれた王を描く表題作他、5編の短編を収録した本書。 最後の「リグ・ライト――機械が愛する権利について」は書き下ろしです。 自動運転車が普及しつつある2024年の近未来。祖父の死に伴い、主人公の四季美はある車を相続します。 ヒロタ自動車のストライドという車種。固有AIを備え...…続きを読む
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 471 | 472 | 473 || Next»

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ