• 「まえがき」にはNEWSがある。仕事に効く話題のビジネス書、心の目を養う古典まで「まえがき」にはその本のエッセンスが詰まっている。              時代性、社会性を 紐解く序章・・。話題の本の、「まえがき」を素材にひと手間ふた手間かけてティスティング!TIME LINE まえがきレビュー

「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ(著:鈴木博毅)

部下の育成はもちろんだが、プロジェクトを進めていく上でも成功するためには、失敗の法則も知っていないと、うまくいったとしても、実際には、自分が思い描くイメージには程遠い結果になってしまうことがある。失敗の法則を把握するためのヒントを探していた。 そんな時に出会ったのが、この本。 原著は『失敗の本...…続きを読む

社会保障大国日本 VER. 1.0 PRACTICE(著:藤田英明)

著者の藤田さんに縁あってお会いしたことがきっかけ。また、介護事業に触れる機会もふえてきたこともあって手にしたのが本書『社会保障大国日本』だった。少子高齢化が進み、高齢社会となった日本のこれからが、身近な問題としてもとても気になっていた。 社会保障は産業としても大きな可能性を秘めている。同時に、...…続きを読む

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ(著:河野英太郎)

売れている本である。同時に若い社員向けに、メッセージを発信する者としても、気になる一冊だった。特に、入社したばかりの1年目の社員や、これから、社会人になろうとする人にとっては、基本スキルをどう身につけるかはきっと、気になることなのだと思う。 コミュニケーションや時間の使い方、先輩や上司の活用など...…続きを読む

ジョジョの覚悟 今の自分を超える方法(著者:富田英太)

連載25周年を迎えた荒木飛呂彦作の人気マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」。 ジョースター一族と、宿敵・ディオとの1世紀以上にわたる因縁を描いた“大河巨編”“人間讃歌”として知られ、人気を博しています。 累計7500万部を超え、フランスのルーブル美術館で、日本人漫画家で初めて、原画が展示されるなど、海外の...…続きを読む

反・幸福論(著者:佐伯啓思)

世界一幸せな国ブータンへの憧れ。不幸とされる若者への同情…。 東日本大震災以降、もしくはすでにそれ以前からか、多くの人々が「幸せとは何か」を考え、「真の幸福」を追い求めているような空気に覆われている日本。 本書は「無縁社会」「サンデル・ブーム」「東日本大震災」「原発」「民主党政権」などをテーマに、...…続きを読む
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 454 | 455 | 456 |...| 462 | 463 | 464 || Next»

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ