DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

番組スタッフ
EXILEのTAKAHIROさんとの結婚を発表した女優の武井咲さん。武井さんは妊娠3か月だといいます。
武井さんは現在もドラマに出演中で、10月放送のドラマに主演するそうです。

武井さんの結婚、いや、特に妊娠を巡って体調を慮るというよりも何だか「お金」の話に焦点が寄っているようで、CMにも多く出演中のため諸々を含めた違約金にも言及されています。
一部報道ではテレビ、映画、CMを含めて最大で10億円の違約金が発生する可能性があるとか。

有名人の「できちゃった結婚」の報じられ方、その捉えられ方にはどうも息苦しさを感じます。
有名人の「できちゃった結婚」なんてそんなに珍しい話ではないだろうに、ここ最近、有名人の色恋に注目が集まると「違約金」の話題が取りざたされるようになりました。多くの場合、その色恋とは悪い意味を持ちますが、どうやら「できちゃった結婚」「妊娠」にも同じようです。


「できちゃった結婚」という言葉は20年ほど前から聞くようになったと記憶しています。
「できちゃった」という言葉がどうしても良くない印象を醸すためか、「授かり婚」や「ダブルハッピー婚」とポジティブな言葉で言い換えられます。
しかし、それらの言葉はブライダル業界でのみ浸透しているのか、未だ「できちゃった結婚」に批判的な見方が多い。
芸能界に詳しいあるジャーナーリストは今回の武井咲さんの件について、「できちゃった結婚はプロ意識の欠如」だと言い切っていました。

少子化を嘆きはするものの、子供を生むにはやはり条件がある。お金があること。責任感があること。そして知性があること…。
家族のあり方は多様化が叫ばれるのに、結婚、妊娠のタイミングには「世間」が決めたルールがあり、それに従わなければならない…。

他人の選択にいちいち介入しすぎなのです。
「できちゃった結婚」した人には良からぬ未来が訪れるに決まっていると言わんばかりの捉え方には辟易します。
武井咲さんの違約金については、「ありえない」とも報じられているため「責任感がない」などと批判するのは不毛。
家族計画をよく練らずに「できちゃった結婚」をしてもどうにかなる家族とそうではない家族があります。お金のある武井さんはきっと前者。

私の周りにも「できちゃった結婚」にいたった夫婦が何組かいますが、経済レベルは様々ですが、不幸そうには見えません。そもそも他人のお宅の幸、不幸にこれまた他人が介入するべきではない。マザーテレサは、平和のためにできることを「家に帰って家族を愛してあげてください」と言っていましたが、まさにそれと同じで近しい人のことをまずは案じてあげるのが良いのではないでしょうか。

別にフェミニズムを標榜しているわけではありませんが、名のある者同士ができちゃった結婚にいたる場合、大体は女性側に、特にその人の今後に注目が集まるのも何だか窮屈な話です。
そもそもタレントの結婚が発表されると、だいたいの場合、「妊娠しているかどうか」に言及するのも何だか下衆い話です。

世界の芸能界、セレブリティ(著名人)界隈の兆候を見ると従来の規則、つまり呪縛をとき払おうという動きがあります。
ルイヴィトンが痩せすぎモデルの起用を禁止すると報じられました。
過剰なフォトショも控えようという動きもそうです。
「ありのまま」は何だか嫌いな言葉ですが、女性たちを「そうあるべきもの」として縛っていた呪縛のような規則はもはや過去の遺物と化しつつあります
インスタグラムでセレブリティがすっぴんをこれでもかと晒すのも似た動きなのかもしれません。

スタッフ・坂本
(2017/9/7 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ