DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

番組スタッフ
以前からあった、人気漫画や雑誌の最新号が無断でインターネットにアップロードされている「海賊版サイト」。
そのうち、今、利用者を急激に増やしている「漫画村」が問題となっています。

漫画の危機!? 海賊版サイトの実態(「NHK NEWSWEB」2018/2/11)

「NHK NEWSWEB」によると、最近、利用者が急増しているあるサイトの利用者は去年12月時点でおよそ23万人。
「NHK NEWSWEB」は明言を避けていますが、「最近、利用者が急増しているサイト」というのは、おそらく「漫画村」のこと。
若い世代を中心に利用が広がっていて、被害額は500億円に上ると推計されています。

こうしたなか、日本漫画家協会はきょう(13日)、公式サイトで「海賊版サイトについての見解」を発表。
「全く創作の努力に加わっていない海賊版サイトなどが、利益をむさぼっている現実があります」と海賊版サイトを強く糾弾するなど、大きな騒動へと発展しつつあります。

日本漫画家協会 異例の声明で海賊版を強く非難「このままでは日本の文化が滅びてしまう」(「スポニチ」2018/2/13)

とはいえ、すべての漫画家が海賊版サイトを糾弾しているわけではなく、たとえば、『やれたかも委員会』で知られる漫画家の吉田貴司さんは、「海賊版は潰すべきではなく、ビジネスで競争して勝つべき」と主張。
*****
海賊版は潰すべきではなく、ビジネスで競争して勝つべきだと考えます。法的措置や閉鎖させる運動は全く意味がなく、逆効果です。人は便利な方に流れる生き物なので、それを綺麗事を叫んで止めても無駄。意味がない。
(略)
物事には必ず良い面と悪い面があります。海賊版サイトは著作権侵害をしていますが、出版社が漫画の売り方を改善しないせいで漫画から離れようとしている一般読者を繋ぎ止めている一面があります。
<「ハフポスト」2018/2/9>
*****

具体策としては、出版社が協力して「定額読み放題サイト」を作ることをあげています。
*****
じゃあどうすればいいかと言うと、今もある海賊版サイトを利用している人が、「この値段でこのシステムだったら利用しようかな」と思える定額読み放題サイトを作るべきだと思います。
今も読み放題サービスはあるけど、本の数が圧倒的に少ない。読みたい本がない。
(略)
出版社が協力すれば、より便利で優良な定額課金システムを作れると思うんですけどどうでしょうか。ダメなのかな?
<「ハフポスト」2018/2/9>
*****

今回、私も「漫画村」を試しに利用してみましたが、ページめくりがスムーズではなく、読みにくさが際立ちました。
文字が少ない漫画はとくに、ページをどんどんめくっていきたいのに、それができないことがストレスなのです。

メリットは無料であることと最新の漫画や雑誌が揃っていることぐらいで、利便性は最低レベル。
しかも、アクセスするだけで不正なプログラムが勝手に動き出すことも報告されていて、利用すること自体にリスクが伴うのです。

そういった意味では、吉田さんが提案する「定額読み放題サイト」には、ある程度の可能性を感じました。
過去の名作がある程度、網羅されている読み放題サイトはすでにあるので、たとえば、『ジャンプ』『マガジン』といった少年誌、『モーニング』『週刊ビッグコミックスピリッツ』といった青年誌など現在、出版されている漫画雑誌すべての最新号が月額400円で読み放題であれば、利用する価値はあるように思います。

海賊版サイトをめぐる現状は、潰しても、また新たな海賊版サイトが立ち上がるというイタチごっこが繰り返されています。
こうしたイタチごっこを続けるよりは、漫画好きが求める「定額読み放題サイト」を作ることこそが、海賊版サイトの撲滅につながるのではないでしょうか。

(スタッフH)
(2018/2/13 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ