書考空間


アメリカンドリームの終わり あるいは、富と権力を集中させる10の原理
ノーム・チョムスキー (著),寺島 隆吉 (訳),寺島 美紀子 (訳)
税込価格:1,944円
出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン
ISBN:978-4-7993-2183-6

本を購入

言語学者にして政治哲学者、ノーム・チョムスキー氏へのインタビューを書籍化した本書。
御年88歳の著者がアメリカ現代史を通じて、富と権力によってもたらされた負の側面を明らかにしていきます。格差の拡大、民主主義への疑念、資本主義の終焉が叫ばれるようになって久しいですが、歴史は繰り返されると言うよりも、事態はさらに深刻化しているようです。

著者は冒頭で次のように語ります。

『今日のアメリカで、「社会を所有する人たち」は、もはや商人や製造業者ではありません。金融界や多国籍企業です。アダム・スミスが「人類のご主人たち」と呼んだこれらの人々は、かれの言う「下劣で恥ずべき」行動原理に従っています』
そして、「若者を教化・洗脳する」「負担は民衆に負わせる」「民衆を家畜化して整列させる」など10の下劣で恥ずべき行動原理を解き明かしていきます。

歴史を振り返り、アメリカンドリームの終わりを説いた本書。日本への警鐘として映るのは私だけではないでしょう。
(2018/6/5 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ