書考空間



カサノヴァ 人類史上最高にモテた男の物語 上
鹿島 茂 (著)
税込価格:2,052円
出版社:キノブックス
ISBN:978-4-908059-94-0


本を購入





カサノヴァ 人類史上最高にモテた男の物語 下
鹿島 茂 (著)
税込価格:2,052円
出版社:キノブックス
ISBN:978-4-908059-95-7


本を購入


「紀州のドン・ファン」事件によって、にわかに注目が集まっているのが本家ドン・ファン。
そのドン・ファンを著者は「理想の女を求めはするが、結局、愛するのは自分だけ。籠絡した女を片端から捨てていく自己中心的な男」と低評価。
その代わり、ドン・ファンと比較して「女を愛する男」と評価するのが、本書の主役であるカサノヴァです。
著者は「人類史上最高にモテた男」だとも言い、その人生をひもといていきます。
カサノヴァがモテたのは、カサノヴァ自身の発言にあらわれていて、それが「わたしにとって、享楽の5分の4は、女を幸福にする点にある」というもの。
多くの女性に快楽を与えることで自らも快楽を得ることこそ男の本望であるなら、カサノヴァこそ男の中の男だったといいます。
著者はこのカサノヴァの生きざまから飛躍。「日本の少子化を救う」と言ってのけます。
「イメージの中の『ヴァーチャルな女』ではなく、そこにいる『生身の女』を本気で愛し、自分の快楽を最大化するためにはまず相手の快楽を最大化することを目指さなければならない。それだけが女たちから愛される秘訣なのである。そして、この突破口が開けたとき初めて、男はイメージ依存症の地獄、つまりオタクの隘路から脱出できるのだ」
少子化を救うという社会的な意味合いだけでなく、女性にモテるための指南書としても楽しめる一冊です。

(スタッフH)
(2018/6/14 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ