書考空間


ほぼ命がけサメ図鑑
沼口 麻子 (著)
税込価格:1,944円
出版社:講談社
ISBN:978-4-06-220518-4

本を購入

良くも悪くも人に注目される存在、サメ。魚類随一のコンテンツ力(りょく)を有していることは間違いなく、恐怖の象徴のように扱われながらも多くの人を惹きつける引力も備えています。
シャークジャーナリスト、沼口麻子氏が本当のサメの姿を教えてくれる本書。方々で話題となっている本書ですが、まず目次が対サメ好奇心をこれでもかと刺激します。

冒頭で「サメの誤解、偏見、さらには冤罪を晴らす」と宣言する通り、著者は多くの人が漠然と持っているであろうサメの常識を次々と覆してくれるのです。
例えば・・・サメは地球上に509種類が確認されており、人を襲う可能性があるのは1割程度。残りの9割は温厚な性格の持ち主なのだとか。映画『ジョーズ』の影響力の大きさというよりも、その罪深さを知らしめられます。
のっけから常識を覆された後は、生命の神秘とも言うべき様々なサメの知られざる生態を、著者が実際にそのサメを見て、触れて得た知見とともに紹介。
異様に長い妊娠期間、母体内での共食い競争を勝ち抜いて生まれるサメなどなど。
さらには、サメ体験スポットも紹介してくれるので、読んだその足でサメとのひと時を体験しに行きたくなります。

サメとともに泳ぎ、触れ合い、時には食す。
サメを誰よりも深く知ろうとし、知ったことを人々に伝えようとする著者の姿は尊くもあります。
サメに対する私たちの常識をアップデートしてくれると同時に、究道とは何たるかを教えてくれる一冊です。
(2018/6/12 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ