ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

世界中で絶賛のビジネスストーリー本が登場!注目の新刊は話題になった潜入本(2017/11/7)

カテゴリー:1111
null

火曜日は「ビジネストレンド」。



早いですよね、もう11月です。
今回は、月初めにおさえておきたい一冊をご紹介します。
ということで、こちらのランキング!
『 ジュンク堂書店 池袋本店に聞いたビジネス書の売れ筋 トップ3 』
池袋駅東口から徒歩4分、日本最大級約150万冊の在庫を誇る、
ジュンク堂書店 池袋本店に聞いた9月のビジネス書の売れ筋です。



第3位 【 会社四季報 業界地図 2018年版 】(東洋経済新報社)

先月1位の会社四季報。刊行から2ヶ月余りが経ちましたが、まだ売れ続けています。
今のビジネス界の動きがデータをもとに見やすくまとまっていて、ビジネスパーソン、投資家、学生などに人気です。
お値段は、税込み1296円!



第2位 【 SHOE DOG(シュー ドッグ) 】フィル・ナイト(東洋経済新報社)

世界最大のスポーツブランドの一つの『ナイキ』。その創業者、フィル・ナイトの自伝。
この本、いま、話題です。
世界中で絶賛されているビジネスストーリーは、わくわくして一気に読んでしまうと評判。
かっこいい装丁も注目を浴びています。
これは、映画化される可能性ありますよね。
お値段は、1944円!



第1位 【 革命のファンファーレ 】西野亮廣(幻冬舎)

これまで、クラウドファウンディングで国内歴代最高となる総額1億円を個人で調達、絵本『えんとつ町のプペル』は30万部を越えるメガヒット。
クリエイターとしても話題のお笑いコンビ・キングコングの西野さんの最新著書が1位を獲得!
絵本をヒットさせた実体験をもとに、“現代のお金の作り方と使い方”と“最強の広告戦略”、そして“これからの時代の働き方”を綴った一冊となっています。
お値段は、税込み1500円!


ということで、『 ジュンク堂書店 池袋本店に聞いたビジネス書の売れ筋 トップ3 』でした。
ジュンク堂書店 池袋本店によると、
10月は、思考法の本が人気!
生産性を上げるために考え方を見直していく方が多く、
【 地頭力を鍛える 】が人気の細谷功さんの【 考える練習帳 】(ダイヤモンド社)や、アルゴリズムを使った問題解決を提案する【 アルゴリズム思考力 】(早川書房)などの新刊が人気となっているということです。
考え方、それから、アルゴリズムみたいなことは、色々なことに応用できますからね。

さらに、ノーベル経済学賞を受賞した。リチャード・セイラーの『行動経済学』関連の本も、読んで楽しいだけでなく、ビジネスや生活にもすぐに応用できるということで、幅広い人から人気となっています。

また、神戸製鋼、日産、スバルなど、企業の不祥事のニュースが多かったこともあり、いわゆる『ガバナンス』に関する本も売れています。
タイトルでいうと、【 大惨事と情報隠蔽 】(草思社)や、【 東芝の悲劇 】(幻冬舎)などなど、いろんな本があります。

そして、注目の新刊としては、
【 ユニクロ潜入一年 】横田増生(文藝春秋)
こちら、週刊文春でもかなり話題になった記事です。
ユニクロにアルバイトとして1年以上潜入して書き上げた一冊。
潜入取材するために、妻と離婚、再婚し、妻の姓になるという合法的な方法で改名をしたというから驚き!!!ここまでして、どういうことを知りたかったのかを含めて、読みたくなりますね。



今回は『 ジュンク堂書店 池袋本店に聞いたビジネス書の売れ筋 トップ3 』をご紹介しました。